高島市森林整備計画変更計画書(案)を縦覧します
市町村森林計画とは
 都道府県が作成する“地域森林計画”の対象となる民有林について、所在する市町村が作成する計画。10年を1期とし、5年ごとに作成する。地域の森林整備の基本的な考え方や、ゾーニング(森林の機能ごとの区域分け)、森林施業の標準的な方法、森林の保護、路網整備の考え方等を定める長期的な森林づくりの構想。

変更理由
 森林法等の一部を改正する法律(平成28年法律第44号)の施行により、森林法(昭和26年法律第249号)に基づく森林計画制度において、鳥獣害を防止するための措置を実施するべき森林の区域の設定等が新たに措置されました。このため、高島市森林整備計画について、森林法(昭和26年法律第249号)第10条の6第3項の規定に基づき変更しようとするものです。なお、この変更の効力は平成29年4月1日から生じるものです。

縦覧場所
 高島市農林水産部森林水産課および各支所

縦覧期間
 平成29年2月10日〜平成29年3月10日


−お問い合わせ−
農林水産部 森林水産課
Tel:0740-25-8512
Fax:0740-25-8519
E-mail:shinrin@city.takashima.lg.jp

[0] トップページへ