緊急通報システムの利用
【緊急通報システム】 
ひとり暮らし高齢者等に対して、緊急通報機を自宅に設置することにより、急病や事故等の緊急

時に迅速かつ適切な対応を図り、在宅で安心して生活できることを目的としています。

 
【対象者】 
突発的に生命に危険な症状が発生する疾患を持ち、緊急通報システムが適正に利用できる方で

(1) ひとり暮らしの高齢者等(高齢者、重度身体障がい者、要介護認定者)

(2) 昼間ひとり暮らしのねたきり高齢者等

(3) 緊急時の対応ができない状態の高齢者等で構成される世帯の方

(4) その他市長が必要と認める方

 
【仕組み】 
(1)急病や事故の時に緊急通報システムのボタンを押す。



(2)相談センターに通報され、本人に呼びかけを行います。



(3)必要に応じて、救急車を要請します。

呼びかけに対し応答がない場合、近隣のボランティア(協力者:近くにお住まいの方や民生委員、親戚の方等)に連絡が入り、状況確認をしていただきます。

緊急通報システムの流れ


 【申請方法】
(1)    近隣のボランティア(協力者)を3人以上確保し、申請書を提出していただきます。

(2)    関係者による「地域ケア会議」で必要性について検討し、利用決定をします。

   後日、設置業者がお伺いし、取付工事を行います。


 【利用料】
(1) 緊急通報システムの利用料金は、無料です。

(2)  緊急通報システムの利用期間はおおむね1年間で、継続の必要性について、期間満了時に再検討を行います。

 
 【その他のサービス】
(1)  相談ボタン機能

相談センターでは、24時間365日看護師が、体調面の不安、健康相談等に応じます。いつでも気軽に「相談ボタン」を押してご利用していただくことができます。

(2) お元気コール

月に1度、相談センターより電話があり、利用者の近況に変化がないか、体調に不安がないかを確認いたします。状況により保健センターに連絡いたします。


−お問い合わせ−
健康福祉部 長寿介護課
Tel:0740-25-8029
Fax:0740-25-8054
E-mail:kaigo@city.takashima.lg.jp

[0] トップページへ