産業・ビジネス

第27回全国棚田(千枚田)サミット 高島市で開催!!

登録日:2022年8月5日
農林水産部 農村整備課

 

 

 


【 日本の棚田百選 「畑の棚田」 】

  【第27回全国棚田(千枚田)サミット】

棚田をつなぐ人のかけ橋

~びわ湖を育む清流の輪~

   日程:令和4年10月1日(土)~10月2日(日)
   会場:滋賀県高島市


  ~棚田サミットとは~
    全国棚田(千枚田)サミットは、中山間地域の喫緊の課題で
    ある担い手不足や耕作放棄等の課題解決に向け議論する
    こと等を主な目的として、平成7年から毎年、日本の棚田
    百選に認定されている地域を中心に開催されています。
    例年、サミット当日は全国から数百名の参加者が集まり、
    基調講演や分科会、現地見学会を通して全国各地の活動
    
状況や制度情報について活発に意見を交わし合います。
    また、棚田米をはじめ地域の特産品や景観といった開催地
    の魅力
を存分に味わっていただける機会となります。

【8月5日追記】

第27回全国棚田(千枚田)サミットの参加者追加募集を開始しました。

本日よりサミット参加者の追加募集をいたします。

参加申込要項および下記の注意事項を必ずご確認の上、お申し込み下さい。

参加申込要項(追加募集版)

参加申込書】※参加申込書様式は、当初募集用のものをご利用ください。

 

〇追加募集の参加申込に関する注意事項

●追加募集期間:8月5日(金)~8月14日(日)17:00まで

※期間途中でも定員に達し次第、受付を終了いたしますのであらかじめご了承ください。

 

●追加募集申込方法:FAXによる申し込み

送信先FAX番号 【077-510-0030】(名鉄観光サービス株式会社大津営業所) 

 

●分科会の希望受付について

【第1分科会(テーマ:棚田を見守る"人"が芽生える)】および【特別分科会(テーマ:棚田まもりびとミーティング)】は、当初募集時点で定員に達しましたので、追加募集でのお申し込みは受け付けておりません。

 

●現地見学会・観光エクスカーションの希望受付について

【現地見学会1~「畑の棚田」コース~】および【現地見学会2~「鵜川の棚田」コース~】は、当初募集時点で定員に達しましたので、追加募集でのお申し込みは受け付けておりません。

 

●宿泊について

当初募集時点で、配宿の準備枠がすべて埋まりましたので、追加募集でのお申し込みは受け付けておりません。

 

【8月2日追記】

第27回全国棚田(千枚田)サミットの参加者を追加募集します!

 

今年度開催を予定している第27回全国棚田(千枚田)サミットにつきまして、募集定員にまだ少し余裕がございますので、追加募集をいたします!

追加募集の詳細については、近日中(8月上旬中)にお申し込み方法と併せてお知らせいたします。

 

※サミット参加には、事前のお申し込みが必要です。お申し込みの手続きの上ご参加ください。

 

第27回全国棚田(千枚田)サミットの参加者を募集します!【※当初募集は締め切りました。】

下記の内容にて、第27回全国棚田(千枚田)サミットの参加申込の受付を行いますので、申込の上、ぜひご参加ください!

募集定員:400名(先着順)

受付期間:令和4年7月1日(金)10:00~8月1日(月)17:00(定員に達し次第、受付を終了します。)

申込先 :名鉄観光サービス株式会社 大津営業所(申込受付は、業務受託業者が行います。)

要項等 :【参加申込要項】 【宿泊要項】 ※必ずご確認の上、お申し込みください。

申込方法:WEBもしくはFAXにてお申し込みください。 ※電話でのお申し込みはできません。

 

●WEBでお申し込みの場合(募集を締め切りました)

第27回全国棚田(千枚田)サミット参加申込専用サイト(外部リンク)

 

●FAXでお申し込みの場合(募集を締め切りました)

参加申込書 【PDFデータ】

送信先FAX番号 【077-510-0030】(名鉄観光サービス株式会社大津営業所) 

 

                            

      サミットチラシ(オモテ面)               サミットチラシ(ウラ面)

  

現地見学会・観光エクスカーションのご案内について

10月2日(日)のサミット2日目に、棚田の現地見学会として2コース、観光エクスカーションとして、“体験”をテーマに4コースをご用意しております。

ぜひこの機会に高島市の魅力に触れてみてください!

 

   

 

「棚田の今」を伝えます!

第08弾 新鮮野菜直売所の舞台裏!

~今回取材しましたのは、滋賀県高島市鵜川(うかわ)にある「地元野菜」「地元加工食品」「花」「手作りクラフト作品」が並ぶ直売所「うかわファームマート」です。直売所に並ぶ野菜は、本当にとれたて新鮮なのか。地元で収穫されたものなのか。野菜の収穫から店頭陳列までしっかりと追いかけました!~

                  ⇓

高島棚田サミットの広報ちゃんねる(YouTubeチャンネルへリンク)

 

 人とのつながりが生まれる不思議な農村空間「棚田」をテーマに、そこで流れる時間をちょこっと映像に切り取ります!

この映像は、棚田地域振興のため、また棚田サミット開催を成功させるため、龍谷大学 社会学部の学生と教員が制作を手掛けてくれています。高島市職員も、みなさんに少しでも棚田サミットへの関心をもってもらうため、告知にちょこっと出演しています。

短時間サクッと観られるので、合間にぜひご覧ください!

 

Instagram(インスタグラム)で情報発信しています!

全国棚田サミットの情報や棚田地域の素晴らしい景観や農作業の風景、棚田米や地元食材などを幅広く発信するために、インスタグラムの公式アカウントを作成しました。

ぜひご覧いただきまして、みなさんからの「いいね!」「フォロー」をお待ちしてます!

以下のリンクまたはQRコードからアカウントをご覧いただけます

takashima.tanada(第27回全国棚田(千枚田)サミット実行委員会事務局)

qr

 

 アカウント開設の詳細については下記URLの専用ページよりご確認ください

 第27回全国棚田(千枚田)サミットのInstagram(インスタグラム)アカウントを開設しました!

 


 【過去のサミット開催状況等】  ⇒ 全国棚田(千枚田)連絡協議会ホームページ(外部サイトへリンク)

  ・・・全国棚田(千枚田)連絡協議会のホームページにて過去の開催地や開催内容をまとめた報告書を公開されています。
    こちらもぜひご覧ください。

ダウンロード


開催日:2022年10月1日 から 10月2日
添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:農林水産部 農村整備課
TEL :0740-25-8529
FAX番号:0740-25-8519
MAIL :nouson@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る