産業・ビジネス

オリーブ産地化促進事業

登録日:2021年4月8日
農林水産部 農業政策課

 高島市の農業は、著しい高齢化の進展、主要作物である米の価格低迷、また耕作放棄地の増加が続いています。その打開策のひとつとして、鳥獣害を受けにくく、付加価値の高いオリーブの栽培を推進し、農業者の所得向上、耕作放棄地の活用に加え、6次産業化の促進、新たな特産品の創出を目指しています


目標

  令和6年度  1,700本(5.7ヘクタール)

 

 事業計画

 高島市では、オリーブを特産品として推進しており、令和2年度から5年間の総合戦略事業に掲げています。オリーブオイルをはじめ、オリーブを活用した6次産業化の促進を目的としています。

 高島市オリーブ産地化促進事業全体計画(令和2~令和6年度)

 

高島市オリーブ産地化推進協議会の設立

 令和3年3月15日に高島市オリーブ産地化推進協議会を設立しました。生産者、行政、JA、農業センターなどの農業関係機関だけでなく、観光協会や商工会、企業により構成されています。協議会では、市内のオリーブの栽培状況の共有のほか、栽培技術や商品開発・販売に関する情報交換を行っていきます。

・高島市オリーブ産地化推進協議会規約

・高島市オリーブ生産者の会規約

 

補助事業

 オリーブの苗木購入費用の補助制度があります。
 補助内容は以下のとおりです。

補助率

補助条件

苗木代の3分の2以内

(ただし、上限5千円/本)

・高島市内で栽培すること
・生産拡大を目指すこと
10本以上を購入し、植栽すること
・適切な栽培管理を行うこと
・樹間を5m以上設けること   など

 その他、オリーブ産地化促進事業補助金取扱要領をご覧ください。

・オリーブ産地化促進事業補助金取扱要領
・オリーブ農地カルテ(ひな型)


・補助金交付マニュアル

※補助金の申請については、事前にご相談ください。

 

加工および6次産業化の促進 

  令和4年度に採油機の導入を予定しています。
 

栽培支援

  適切な栽培を支援するため、滋賀県高島農業農村振興事務所農産普及課等と連携しながらオリーブ栽培に必要な情報を提供するほか、先進地から栽培等に精通した農家を招き、栽培技術講習会を開催します。 

・高島市オリーブ栽培の手引き 

・高島市オリーブ栽培おすすめ品種

・高島市オリーブ栽培に必要な『防除』の手引き(防除暦)

【これまでの講習等内容】

令和2年8月23日(日)講師 山田オリーブ園 園主 山田典章 氏

令和2年9月 4日(金)講師 (株)アグリオリーブ小豆島 取締役会長 秋長正幸 氏

令和2年11月16日(月)視察研修先 京都府宮津市(由良オリーブを育てる会)

令和2年8月23日講習会令和2年8月23日講習会

 令和2年11月16日視察研修令和2年11月16日視察研修

販売支援

 市内の販売店での、お土産品および贈答品としての利用のほか、ふるさと納税返礼品等で都市部への販路を確保していきます。 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:農林水産部 農業政策課
TEL :0740-25-8511
FAX番号:0740-25-8519
MAIL :nousei@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る