健康・福祉・教育

フッ化物洗口実施中!

登録日:2020年10月14日
健康福祉部 健康推進課

フッ化物とは?

私たちが毎日飲む水や食べる海産物、肉、野菜、果物、お茶等にも含まれている、自然環境物質です。普段、食品等からフッ化物を体内に取り込んでいますが、それだけではむし歯を予防することができないため、フッ化物を利用する必要があります。

高島市の歯科保健の状況

 

                                     平成30年度:3歳6か月児結果

                                   令和元年度:小学校1年生結果

                                  令和元年度:中学校1年生結果

                 上記いずれも滋賀県歯科保健関係資料集(令和元年度版)より引用

平成30年度及び令和元年度の歯科保健の結果として、高島市の一人当たりむし歯数は県内市町と比べ、非常に多い現状にあります。中学校1年生では、ワースト1になっています。

むし歯の原因は?

むし歯の原因は、むし歯菌が酸を出し、歯を溶かすことで起こる病気です。むし歯菌の種類や量によってもむし歯になりやすくなります。また、間食の回数や内容、歯並び、歯みがきの状況、唾液の量等様々な原因によって生じます。

むし歯を予防のポイントは?

むし歯を予防する方法は、「フッ化物配合歯磨剤での歯磨き」「砂糖などの甘味料を控えること」「家庭や学校等でのフッ化物洗口等フッ化物の応用」の3つです。丁寧に歯を磨いてむし歯の原因である歯垢を取り除くことや、お菓子のダラダラ食べ・ジュースのダラダラ飲みをしない等、3つの予防をバランスよく行うことが大切です。

フッ化物がむし歯予防に有効な理由は?

(1)歯の構造を強くする(歯質の改善)

(2)歯の表面を修復する(再石灰化)

(3)その他のフッ化物の働き

  細菌が酸を産生するのを抑制したり、歯垢(細菌の塊)の形成を抑制する働き。

フッ化物は安全なのですか?

〇万が一フッ素を飲み込んでしまっても、急性症状(吐き気やおう吐、下腹部不快感など)が出ることはありません。1回分飲み込んでもまったく問題はありません。

フッ化物洗口を実施しています!

高島市では、市内のこども園等の年長児、小学校1年生から4年生までを対象にフッ化物洗口を実施しています(※すべてのこども園等での実施ではありません)。今年度は新型コロナウイルス感染症予防の観点から実施が遅れています。


関連ディレクトリ



お問合せ先:健康福祉部 健康推進課
TEL :0740-25-8078
FAX番号:0740-25-5678
MAIL :kenko@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る