くらしの情報

野生イノシシにおける豚熱(CSF)について

登録日:2021年8月30日
農林水産部 農村整備課

野生イノシシにおける豚熱(CSF)の感染確認について

近年、野生イノシシや豚に感染する豚熱(CSF)が全国的に流行しています。高島市内でも令和2年6月に感染個体が確認されています。  

  豚熱(CSF)は感染力が非常に強く、仕事や行楽で山林に入った際、靴底や衣服などに付着し、山林外に運ばれ拡散させるおそれがあります。山林を歩いた場合は、靴底等に付着した土を洗い流すなど、豚熱(CSF)の拡散防止にご協力をお願いします。

 なお、CSFは、豚やイノシシの病気であって、人に感染することはありません。正しい情報に基づいた冷静な行動をお願いします。

https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/shigotosangyou/chikusan/307182.html

(上記URL:野生イノシシにおけるCSF対策について 滋賀県ホームページ)

 

死亡した野生イノシシを見つけたら

  滋賀県内で死亡した野生イノシシについて、滋賀県家畜保健衛生所にて検査を実施しています。

 死亡した野生イノシシを発見した場合には、下記の滋賀県の関係機関までご連絡ください。

 ●滋賀県自然環境保全課鳥獣対策室

     平日(8時30分~17時15分) 077-528-3489

 ●西部・南部森林整備事務所 高島支所

     平日(8時30分~17時15分) 0740-22-6033 

 ●夜間および休日については (代表) 077-528-3140

 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:農林水産部 農村整備課
TEL :0740-25-8529
FAX番号:0740-25-8519
MAIL :nouson@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る