くらしの情報

新型コロナウイルス感染症に関する市長メッセージ(令和2年5月15日)

登録日:2020年5月15日
高島市新型コロナウイルス感染症対策本部

市長メッセージ(令和2年5月15日)

 

 皆さん今晩は、高島市長の福井でございます。


今夜は、少しお時間をいただきまして、新型コロナウイルス感染症対策にかかります、これまでの市の対応策の見直しも含めました今後の方針ならびに更なる支援策等について、ご報告をさせていただきます。

まずは、新型コロナウイルス感染症拡大が心配されております中で、市民の皆様には、長期にわたりましての外出の自粛やあるいは休業要請などによりまして、日々の暮らしだけではなく、様々な地域の社会経済活動に大変なご迷惑やまたご不便をおかけしておりますが、そうした皆様の取組みやあるいはご協力によりまして、市内での発生を最小限度に抑えられておりますことに対しまして、この場をお借りし、あらためてまして感謝を申し上げます。

さて、皆様、既に報道等でご承知のとおり、昨日、政府においては新型コロナウイルス感染症対策の本部会議が開催され、これまでの全国47都道府県を対象とした緊急事態宣言が見直され、滋賀県を含みます39県の解除が決定されたところであります。

また、県におきましては、これまでの県内の特定業種に対します休業要請は、本日、全て解除されますとともに、県境をまたぐ移動や接待を伴う飲食などの自粛を求める独自の基準が示されたところであります。

こうした国や県の状況を踏まえまして、本日の午前中、第16回目となります市の対策本部会議を開催し、これまでの市の対応策の見直しも含めました今後の方針ならびに更なる支援策等について決定いたしましたので、この機会にご報告をさせていただきます。

まずは、市内の保育園・幼稚園・認定子ども園・学童保育所、そして、小・中学校の再開についてでありますが、5月31日までの長期間にわたりまして、止むを得ず、臨時休業等の対応をとらせていただき、子どもたちはもちろんのこと保護者の皆様にも大変なご苦労をおかけしてきたところでありますが、6月1日から再開させていただくことといたします。
再開に向けましては、消毒はもちろん、換気や密集を避ける等の感染拡大の防止には万全の措置を講じることとしております。
なお、小・中学校の再開に向けましては、段階的に学校での教育活動につなげますために、来週18日の月曜日から分散登校を実施させていただきますとともに、これまでの長期にわたります休校によりまして、不足いたします授業時間を確保するために今後、夏休みや冬休みを短縮するなど、子ども達の学習の機会の保障に努めることといたします。
なお、分散登校の詳しい日程等につきましては、本日中にも各学校から保護者の皆様へご連絡申し上げることとしております。
また、私立保育園、学童保育所等につきましても、公立保育園等に準じた対応をお願いすることとしておりますので、ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

次に、5月31日までを休館としております、市内の各公共施設についてでありますが、市内の図書館および公民館・コミュニティーセンターにつきましては、明後日17日の日曜日から開館させていただくことといたします。
その他の市民会館や運動施設、観光施設およびレストランなどの食事提供施設等につきましては、京都府や大阪府等が引き続き、緊急事態措置を実施すべき区域とされておりまして、市への来訪を控えていただきますためにも、引き続き5月31日までは休館とさせていただき、6月1日から再開する予定といたしておりますので、関係者の皆様には何かとご迷惑をおかけすることとはなりますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
なお、現在、閉鎖しております琵琶湖岸の駐車場等につきましても、引き続き5月31日までは閉鎖とさせていただきます。

次に、支援策についてであります。
既にこれまでお知らせしております通り、お1人10,000円相当の地域通貨「アイカ」や子どもたちへの図書カードにつきましては、来週の18日から簡易書留で各ご家庭へお届けさせていただくことになっておりますが、市内の各郵便局様のご理解、ご協力によりまして、早いところでは明日の土曜日から順次お届けできることとなりました。
しかしながら、市内全域で20,000世帯を超えるご家庭に簡易書留でお届けいたしますので、相当な時間を要することとなります事もご理解いただきますようお願いいたします。

また、お一人10万円の特別定額給付金につきましては、既にオンラインで申請いただいている方には来週19日の火曜日から順次、ご指定の口座に振り込みさせていただき、郵送によります申請をされます方には、来週の21日から必要書類を各ご家庭に郵送でお届けさせていただきますので、必要事項をご記入の上で、市役所に返送いただければ、5月下旬からご指定の口座に順次振り込ませていただくこととなりますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

そして、本日開催いたしました市の対策本部におきまして、市独自の支援策の第3弾といたしまして、各ご家庭や事業所の皆さんのご負担の軽減を図りますために、4月および5月の2か月分の水道料金および下水道使用料の基本料金分を、免除させていただくことを決定いたしました。
今後、市議会ともご相談させていただいた上で、次回の上下水道料金の請求金額から基本料金を減免させていただくこととしておりますので、ご理解をいただきますようお願いいたします。

以上、市といたしましての新型コロナウイルス感染症の対策にかかります当面の方針をご報告いたしましたが、全国的には感染者の減少傾向が見られ、昨日の緊急事態宣言の見直し等、これまでの様々な自粛要請など感染拡大防止のための取り組みが一定緩和の方向へと向かうこととなります。

しかしながら、諸外国では外出規制等を緩和した直後に、第2波、あるいは第3波の感染が拡大する等のニュースも伝えられており、いっきょに緩和の流れとなりますと、これまでの苦労が水泡に帰す恐れもあり、また、本日、県内では、11日ぶりにお1人が新たに感染されたとのニュースも伝えられておりまして、まだまだ予断を許さない状況であります。

このウイルスとの闘いは長期戦に渡る覚悟も必要と考えているところでありまして、市といたしましても今後とも危機感を持って適切に対応してまいる所存でもあります。
市民の皆様におかれましては、引き続きまして、一定のご不便などをおかけすることとなりますが、このピンチをチャンスととらえていただき、政府が提唱しております「新しい生活様式」をぜひとも取り入れていただくなど、ご自身やご家族など大切な方を守る行動に努めていただきますようお願い申し上げます。

以上をもちまして、私からのご報告とさせていただきます。ありがとうございました。

 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:高島市新型コロナウイルス感染症対策本部
TEL :0740-25-8133
FAX番号:0740-25-8551
MAIL :bousai@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る