くらしの情報

新型コロナウイルスなどの感染症に関する家庭ごみの対策について

登録日:2022年3月4日
環境部 環境政策課

 新型コロナウイルス感染症まん延防止のため、分泌物(鼻水や痰等)が付着したティッシュや使用済みのマスク、おむつ等のごみを捨てる際は、以下のことに注意して排出していただきますようお願いします。

  ・ごみに直接触れないこと

   →密閉性をより高める必要がある場合には、ごみ袋を二重にすることも有効です

  ・ごみ袋はいっぱいになる前にしっかり縛って封をすること

  ・ごみ袋の空気を抜いて排出すること

  ・ごみを捨てた後はしっかり手を洗うこと

 ※本来はリユース・リサイクルされる資源ごみのペットボトル、紙パックおよびプラスチック製容器包装等についても、新型コロナウイルス感染された方やその疑いがある方が使用したものについては、可燃ごみ(燃やせるごみ)として排出してください。

 ※カンおよびビンの不燃物については新型コロナウイルスの感染力がなくなるとされる期間が72時間程度であるとされていることから、1週間程度経ってから排出していただきますようお願いします。

 ◎日本に在留する外国人の方々向けにやさしい日本語版で作成した「家のごみの捨て方」を掲載します。併せてご活用ください。

 詳しくは、環境省のホームページをご覧ください。(環境省HP)←クリックしてください

 ( https://www.env.go.jp/recycle/waste/sp_contr/infection/coronakoho.html )

  

 

詳細はダウンロードを参照ください。 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:環境部 環境政策課
TEL :0740-25-8123
FAX番号:0740-25-8156
MAIL :kankyo@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る