くらしの情報

地域生活つむぎあいプロジェクト ―地域共生社会の実現に向けて―

登録日:2020年3月31日
健康福祉部 社会福祉課

誰一人取り残さない「地域共生社会の実現」に向けて

 これまで公的な福祉制度は、子ども、高齢者、障がい者など対象者別に整備され、充実が図られてきました。しかし、近年、いくつもの生活の困りごとが重なってしまったり、今ある制度では解決が難しかったりするなど「縦割り」で整備されてきた既存の制度では対応が難しいケースが増えています。
 一方で、地域での「サロンやカフェ」、だれでも利用できる「地域食堂」など、「縦割り」や「支え手」「受け手」といった関係を超えた、
みんなの居場所づくり等が進められています。
 こういった地域の実情を踏まえて、国では、子ども、高齢者、障がい者などすべての人々が、地域、暮らし、生きがいをともに創り、高めあうことができる「地域共生社会」の実現を目指すことを目的に、社会福祉法等の改正が行われ、市においてもその実現に向けた様々な取り組みを始めています。

 

取組の目的 ~「地域共生社会」とは~

 「地域共生社会」とは、2016(平成28)年に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」の中で初めて示された理念で、次のように定められています。


制度・分野ごとの『縦割り』や「支え手」「受け手」という関係を超えて、地域住民や地域の多様な主体が『我が事』として参画し、人と人、人と資源が世代や分野を超えて『丸ごと』つながることで、住民一人ひとりの暮らしと生きがい、地域をともに創っていく社会

 

 高島市では、この理念の実現に向けた取り組みを“地域生活つむぎあいプロジェクト”と名付け、糸によりをかける「撚糸」のように、人と人、人と機会等がつむぎあえるまちづくりを目指して、行政と関係機関、団体や地域とも連携して取り組みを進めています。
 

 

地域生活つむぎあいプロジェクトが目指すもの

 地域生活つむぎあいプロジェクトは、高島市全体で「包括的かつ重層的な相談支援体制」を構築することを目的として、次の3つの取り組みを進めています。

 

1.相談支援体制の強化

 市役所の各窓口や市内の相談機関では、様々な暮らしの困りごとをお聞きしています。まずは、それぞれの困りごとに寄り添い、受け止める機能を強化するとともに、担当業務以外の相談を受けた時にも適切な相談先や制度につなげるよう連携体制を強化します。

・地域生活つむぎあい会議 

 福祉分野をはじめ、医療、教育、まちづくり、商工など、分野を超えて委員が参画し、地域共生社会の理念や地域課題の解決に向けた取り組みを検討しています。令和2年度は、コロナ禍で見えてきた生活課題の共有や国や市の取組について話し合いました。

庁内連携の促進

 市役所内の30部局で構成する庁内連携会議を設置し、共通して取り組むべき課題や施策を検討するなど庁内連携の促進を図っています。また、令和2年度は窓口で相談をお受けする職員が話し合いを重ねて、困りごとや悩みをもれなく受け止め、関係部署へつなぐための連携ツール「つむぎあいシート」を作成し、試験的運用を始めました。

 

2.参加の支援体制の強化

 ひきこもりの方や地域で孤立されている方には、社会参加に向けた訪問型の支援や気軽に参加できる居場所が必要です。そこで、訪問できる専門職の配置や居場所づくりなど、参加を支援する仕組みを強化します。
 

・社会福祉法人の社会貢献による居場所「虹カフェ」 

 働きづらさを抱える方への社会参加支援「生活困窮者就労準備支援事業(市の委託)」に取り組む社会福祉法人虹の会では、社会貢献のための独自事業として、平成29年度から「みんなの居場所 虹カフェ」を開設。誰もが参加できる社会的居場所づくりを進めることで、潜在的な困りごとへのアプローチ方法も検討しています。

 虹カフェの様子   虹カフェチラシ

 

3.地域づくりに向けた支援の強化

 地域では、集落機能の低下や担い手不足が課題となっている一方で、住民福祉協議会や有志の取り組みによる様々な交流の場づくりや生活支援の取り組みが始められています。市でも特に地域福祉を推進する社会福祉協議会を中心に、市内の様々な法人や団体と連携して地域づくりに向けた支援体制を強化します。

 ・地域別くらし連携会議

 中学校圏域ごとに、保健師、支所職員、社協コミュニティーワーカー(生活支援コーディネーター)を中心に「住民の身近な生活圏域における専門職連携の場」を設置。地域によっては、医療関係者、地域学校協働活動推進員や民生委員等も参画され、顔の見える関係づくりを進めるとともに、地域の課題について話し合ったり、多職種が連携した地域訪問などに取り組んでいます。

・朽木地域での取り組み事例(令和2年度)

 朽木地域ではコロナ禍で地域での出会いや交流の場が減少するなか、高齢世帯等への見守り活動のひとつとして、保健師と社協コミュニティーワーカーによる地域訪問を実施。また、医療機関や介護事業所、市職員等でチームを作り、出張相談型「くつき暮らしなんでも相談会」を実施しました。

くつき暮らし何でも相談会チラシ 

 

みんなで一緒に!

 地域で暮らす一人ひとりの抱える困りごとが複雑化・多様化する中で、ひとつの機関だけですべての生活課題を解決することはできません。一人ひとりの暮らしを支える「セーフティーネット」の基礎となるのは、人と人のつながりそのものです。

 コロナ禍でこれまでと同じやり方が難しくなっていますが、地域での出会いや学びの場の実践に、引き続き皆さまのお知恵とお力をお貸しください。

 市では、これからも関係機関・団体や地域と連携した地域共生社会の実現に向けた取り組みを進めていきます。

 

相談・問い合わせ先


くらし連携支援室(健康福祉部社会福祉課内)  電話 0740-25-8120

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:健康福祉部 社会福祉課
TEL :0740-25-8120
FAX番号:0740-25-8054
MAIL :fukushi@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る