くらしの情報

平成31年度市民税・県民税の税制改正について

登録日:2018年12月27日
総務部 税務課

配偶者控除および配偶者特別控除の見直し

 平成29年度税制改正により、配偶者控除および配偶者特別控除が見直され、次のとおり改正されることとなりました。この改正は平成31年度の市・県民税(平成30分所得)から適用されます。

 

配偶者控除の改正 

 納税義務者(扶養する人)に所得制限が設けられ、合計所得金額(※1)が1,000万円を超える場合は配偶者控除の適用をうけることができないことになりました。また、納税義務者(扶養する人)の合計所得金額に応じて次のとおり控除額が見直されました。

 配偶者の合計所得金額
 38万円以下
納税義務者(扶養する人)の合計所得金額
 900万円以下 900万円超
950万円以下 
 950万円超
1,000万円以下
1,000万円以上 
 控除対象配偶者
(70歳未満)
330,000円 220,000円 110,000円 控除なし
 老人控除対象配偶者
(70歳以上)
380,000円 260,000円 130,000円 控除なし

(※1)合計所得金額とは、(純損失や雑損失の繰越控除の適用を受けている場合には、その適用前の)総所得金額と、分離課税の譲渡所得金額(特別控除前)、退職所得金額、山林所得金額の合計

 

配偶者特別控除の改正

 配偶者特別控除の適用を受けられる配偶者の合計所得金額の上限が引き上げられました。また、納税義務者(扶養する人)の合計所得金額に応じて次のとおり控除額が見直されました。

 配偶者の合計所得金額 納税義務者(扶養する人)の合計所得金額
900万円以下 900万円超
950万円以下
950万円超
1,000万円以下 
 1,000万円以上
 38万円超~ 90万円以下 330,000円 220,000円 110,000円  控除なし
 90万円超~ 95万円以下 310,000円 210,000円 110,000円 
 95万円超~100万円以下 260,000円 180,000円  90,000円
100万円超~105万円以下 210,000円 140,000円  70,000円
105万円超~110万円以下 160,000円 110,000円  60,000円
110万円超~115万円以下 110,000円  80,000円  40,000円
115万円超~120万円以下  60,000円  40,000円  20,000円
120万円超~123万円以下  30,000円  20,000円  10,000円
123万円超~ 控除なし

 

注意点

 今回の改正により 、納税義務者(扶養する人)の合計所得金額が900万円以下で、配偶者の方の方の合計所得金額が90万円以下の場合は、従来の所得控除額と同額(33万円)となりますが、以下の点に注意してください。

・ 配偶者控除の対象者であっても、市・県民税が課税される場合があります。
 1年間の配偶者の合計所得金額が28万円を超えると、配偶者の方も市・県民税の課税対象となります。

・ 配偶者控除の対象となる要件は、合計所得金額が38万円以下の配偶者です。
 配偶者の合計所得金額が38万円を超えた場合は税法上の扶養人数に含まれません。よって、個人市県民税の非課税判定の扶養人数には含まれないほか、配偶者が障害者であっても障害者控除の対象にはなりません。

・ 従来の控除対象配偶者は「同一生計配偶者」に名称が変更となりました。
 納税義務者(扶養する人)の合計所得金額が1,000万円超で配偶者の合計所得金額が38万円以下の場合は、配偶者控除の適用はありませんが、「同一生計配偶者」として税法上の扶養の人数に含まれるほか、障害者控除の対象となります。詳しくは以下の表をご覧ください。

  配偶者の
 合計所得金額
控除を受ける納税義務者(扶養する人)本人の合計所得金額
1,000万円以下 1,000万円超
配偶者控除 非課税判定の
扶養人数
配偶者の
障害者控除
配偶者控除 非課税判定の
扶養人数
配偶者の
障害者控除
 38万円以下
 38万円超

〇・・・対象となる  ☓・・・対象とならない
 


関連ディレクトリ



お問合せ先:総務部 税務課
TEL :0740-25-8116
FAX番号:0740-25-8103
MAIL :zeimu@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る