健康・福祉・教育

11月の学校給食

登録日:2018年11月2日
教育委員会事務局 教育総務部 学校給食課

平成30年11月の学校給食について

 

秋もいちだんと深まり、紅葉がきれいな季節になりました。魚、野菜、きのこ、果物などもいっそうおいしさを増す時季です。冬の訪れに備えて、豊富な食材をバランスよく取り入れた食事で寒さに負けない体づくりをしましょう。

 

☆いい歯の日(11月8日:マキノ・今津・新旭、9日:安曇川)

 11月8日の「いい歯の日」にちなんで、根菜類などの噛みごたえのある食べ物を取り入れています。よく噛んで食べ、丈夫な歯をつくりましょう。

 

☆もりもり高島っ子の日(11月19日)

 今月は、『食べ物の働きについて知ろう』を食育目標に「栄養バランスを考えた給食」をお届けします。食べ物は体の中での働きによって、体をつくるもとになるもの、エネルギーのもとになるもの、体の調子を整えるものの3つのグループに分けられます。給食の献立は成長期の子どもたちが毎日元気に過ごせるように栄養バランスがよい献立になっています。

 

☆和食の日(11月22日)

 ユネスコ無形文化遺産に「和食」が登録され、11月24日を“いいにほんしょく”「和食の日」と制定されました。「和食」のよいところは、一汁三菜で栄養のバランスが整っていることや季節感を感じることができるなどです。和食文化の大切さを再認識する機会にしましょう。

 

☆リクエスト給食(11月26日:安曇川、29日:マキノ・今津・新旭) 

高島中学校3年生の林真奈香(はやしまなか)さんが考えた献立です。献立名は「中華づくし給食」です。献立を中華風にまとめ、誰もが好きなから揚げを取り入れてあります。から揚げと言えばとり肉ですが、今回はたこのから揚げです。おいしくいただきましょう。

 

☆高島デー(11月27日:今津・新旭、30日:マキノ・安曇川) 

今月の『高島デー』には、高島市で作られた大豆を使った『納豆』が登場します。大豆は『みずくぐり』という滋賀県在来種で粒が大きいのが特徴です。現在は一部の農家の方しか栽培されていない貴重な大豆です。納豆特有のにおいが少なく、食べやすく美味しいです。

 

☆今月の高島市共通食材

黒米、もち米、卵、米粉、大豆、みそ、冬瓜は、高島市で栽培または加工されたものを使用します。また、すじえびはびわ湖でとれたものを使います。その他、一部のセンターでは、さつまいも、大根、ねぎ、かぼちゃ、にんじん、にんにく、しいたけなども地元産を使用する予定です。自然の恵みに感謝しておいしくいただきましょう。

 

 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:教育委員会事務局 教育総務部 学校給食課
TEL :0740-32-1716
FAX番号:0740-32-0137
MAIL :g-hoken@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る