健康・福祉・教育

介護人材確保対策事業助成金

 介護の現場で頑張るみなさんを応援します!

登録日:2019年7月16日
健康福祉部 高齢者支援局 長寿介護課

 高島市では、介護の現場で働かれている介護職員のみなさんを支援するため、各種の助成事業を実施します。

(1)子育て応援助成事業

  お子さんを学童保育に預けて、市内の介護サービス事業所等に勤務する方に対し、学童保育料の一部を助成します。

  助成額:学童保育料基本料金の2分の1(月額上限6千円)

(2)家賃助成事業

  市外から市内に移住して、新たに市内の介護サービス事業所等に就労する方に対し借家の家賃の一部を助成します。

  助成額:家賃の額から勤務先からの住居手当を除いた額の2分の1(月額上限2万円・助成期間2年)

(3)介護職員初任者研修受講助成事業

  介護職員初任者研修を受講し、その後初めて市内の介護サービス事業所等に就労する方に対し、研修受講料(テキスト代含む)の一部を助成します。

  助成額:受講料の3分の2(上限4万3千円)

(4)奨学金返還助成事業

  高校・大学・専門学校在学中に受けた奨学金を、介護サービス事業所等への就労後に返済する方に対し、対象期間内に返済する奨学金の一部を助成します。

  助成額:毎月の返済額の2分の1(年間の上限6万円・助成期間2年)

(5)外国人介護職員就労助成事業

  新たに介護職員として外国人を雇用する介護サービス等事業者に対し、3か月以上外国人を雇用した場合の雇用にかかる研修受講費、翻訳機の購入費用等を助成します。

  助成額:雇用した外国人1人つき10万円

 

【助成金交付要件】

 市内に住所があり、市内の介護サービス事業所、障害福祉サービス事業所にお勤めの方で、9月30日現在または3月31日現在で正規雇用職員として3か月以上勤務する※介護職員の方。

 ※介護職員とは、介護サービス事業所等に勤務され、利用者に直接介護を行う従事者(訪問介護員を含む。)、介護支援専門員および障害者相談支援専門員とします。また、正規雇用職員とは、雇用期間の定めがなく、事業所において従事者が勤務すべき時間数(週32時間未満を除く)を勤務する職員とします。

 【対象期間】

 申請年度の4月1日から3月31日まで

【申請方法】

 介護人材確保対策事業助成金交付申請書兼実績報告書に、必要書類を添えて長寿介護課へ提出してください 。(9月30日以降および3月31日。なお、外国人介護職員就労助成事業については、外国人を雇用して3か月経過後から3月31日まで。)

   ※申請様式は後日掲載させていただきます。

【添付書類】

 雇用証明書、支払額が証明できる書類、研修受講修了証(初任者研修助成事業)、その他必要とする書類

 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:健康福祉部 高齢者支援局 長寿介護課
TEL :0740-25-8029
FAX番号:0740-25-8054
MAIL :kaigo@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る