産業・ビジネス

講 演 会

「マダニから身を守る~感染症の対策~」の開催について

登録日:2017年7月3日
農林水産部 農村整備課

  マダニ感染症の「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」は、ウィルスを保有しているマダニに咬まれることにより、ウィルスに感染して引き起こされる病気です。

 主な症状は発熱や消化器症状で、重症化することがあり、マダニが多い山間部での活動には十分注意が必要と考えられます。 

 今回の講演会では、マダニ感染症の症状を知っていただくとともに、感染症にかからないように、その予防についてもわかりやすくお伝えします。

 

 <日  時> 平成29年7月26日(水)午後2時30分~4時00分

<場  所>  安曇川公民館 ふじのきホール

<主  催>  高島市

<定  員>  200名

<参加料>  無 料

<対  象>  高島市民 

<講  演>  「マダニから身を守る~感染症の対策~」

<講   師>  高島市民病院 朽木診療所  所長 倉田 佳彦 さん

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:農林水産部 農村整備課
TEL :0740-25-8529
FAX番号:0740-25-8519
MAIL :nouson@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る