くらしの情報

独自利用事務について

登録日:2017年4月30日
政策部 企画広報課

独自利用事務とは

 行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(以下、「マインナンバー法」という)に規定された事務(いわゆる法定事務)以外において、地方公共団体が独自にマイナンバーを利用して事務(以下、「独自利用事務」という)を執り行う場合、マイナンバー法第9条第2項に基づく条例に定める必要があります。

 

独自利用事務の情報連携について

 地方公共団体が条例で規定した独自利用事務のうち、 個人情報保護委員会規則で定める要件を満たすものについては、マイナンバー法第19条第8号に基づき、他の地方公共団体等と情報連携を行うことができます。

 高島市では、以下の独自利用事務について個人情報保護委員会規則第4条第1項に基づく届出を行い、承認されています。

届出

番号

独自利用事務の名称

届出書

(対象者)

根拠規範
1 高島市福祉医療費助成条例(平成17年条例第145号)による医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの

届出書1-1

(ひとり親家庭の父母および児童など)

高島市福祉医療費助成条例

高島市福祉医療費助成条例施行規則

2 高島市子ども医療費助成条例(平成25年条例第23号)による医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの

届出書1-2

(小中学生)

高島市子ども医療費助成条例

高島市子ども医療費助成条例施行規則

3 高島市福祉医療費助成条例(平成17年条例第145号)による医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの

届出書1-3

(乳幼児)

高島市福祉医療費助成条例

高島市福祉医療費助成条例施行規則

4 高島市老人福祉医療費助成条例(平成17年条例第166号)による医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの

届出書1-4

(低所得老人)

高島市老人福祉医療費助成条例

高島市老人福祉医療費助成条例施行規則

5 高島市福祉医療費助成条例(平成17年条例第145号)による医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの

届出書1-5

(重度心身障害者など)

高島市福祉医療費助成条例

高島市福祉医療費助成条例施行規則

6 高島市精神障害者精神科通院医療費助成事業実施要綱(平成17年告示第46号)による医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの
 

届出書1-6

(重度精神障害者など)

高島市精神障害者精神科通院医療費助成事業実施要綱

7 高島市重度心身障害老人等福祉助成費助成要綱(平成17年告示第46号)による医療費の助成に関する事務であって規則で定めるもの
 

届出書1-7

(重度心身障害老人)

高島市重度心身障害老人等福祉助成費助成要綱

 

 

 


関連ディレクトリ



お問合せ先:政策部 企画広報課
TEL :0740-25-8114
FAX番号:0740-25-8101
MAIL :kikaku@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る