くらしの情報

鳥インフルエンザについて

登録日:2017年2月10日
農林水産部 農業政策課

滋賀県草津市で1月4日に回収された死亡野鳥から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されました。

これを受けて、環境省から野鳥緊急調査チームが派遣され、1月25日~27日にかけて発生地点周辺10km圏の野鳥監視重点区域内において生息状況調査、死亡野鳥調査等が実施されましたが、野鳥の大量死などの異常は確認されていません。

鳥インフルエンザウイルスは感染した鳥との濃密な接触等がない限り、通常では人には感染しないと考えられております。

日常生活においては、鳥の排泄物等に触れた後には手洗いとうがいをすれば、過度に心配する必要がありません。

また、野鳥が死んでいても、鳥インフルエンザを直ちに疑う必要はありませんが、目立った外傷がなく水鳥などの野鳥が死んでいる場合は、素手で触らずに高島市役所農業政策課(0740-25-8511)または滋賀県西部・南部森林整備事務所 高島支所(0740-22-6032)へご連絡ください。


関連ディレクトリ



お問合せ先:農林水産部 農業政策課
TEL :0740-25-8511
FAX番号:0740-25-8519
MAIL :nousei@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る