くらしの情報

◆PCBを含有している電気機器が無いか点検を行ってください!

登録日:2016年10月1日
環境部 ごみ減量対策課

市内事業所のみなさまへ

 PCBを含む電気機器等(変圧器、コンデンサ、家庭用を除く照明用安定器など)を使用または保管しているときは、ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(PCB特措法)に基づき届出が必要です。あなたの事業所の電気室、キュービクル(高圧受電設備)、倉庫などを点検してください。PCB含有の有無は機器メーカーや中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)のホームページでも判別することができます。
 PCBを含有していることが判明した場合は、PCB特措法に基づき、毎年度PCB廃棄物の保管状況等について届出を行うとともに、適正に保管する必要があります。また、処理にあたっては、別途PCB特措法により処理期限内に処理する必要があります。高濃度PCB廃棄物の処分期間は平成33年3月31日までになっています。
 PCBを含む電気機器等は、通常の産業廃棄物として処分することができず、不法投棄や不適正な方法で処分した場合は厳しく罰せられることがありますのでご注意ください。 

 ☞ 詳しくは、滋賀県までお問い合わせください。

 ●問い合わせ先
  滋賀県琵琶湖環境部循環社会推進課 廃棄物対策室 廃棄物指導係
  〒520-8577 滋賀県大津市京町四丁目1番1号
  TEL:077-528-3474 FAX:077-528-4845


関連ディレクトリ



お問合せ先:環境部 ごみ減量対策課
TEL :0740-25-8123
FAX番号:0740-25-8145
MAIL :gomigenryo@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る