くらしの情報

避難情報(避難勧告など)の発令基準となる水位の見直しについて

登録日:2016年8月2日
政策部 危機管理局 防災課

 国が「避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドライン」を改訂したことを受けて、滋賀県が水位周知河川である安曇川の基準水位見直しを行いました。これにより避難勧告などの発令判断基準の目安を「避難判断水位」から「はん濫危険水位」に変更されました。

 これにあわせて、鴨川、石田川、百瀬川、知内川についても設定水位の見直しを行い、平成28年8月1日から運用を開始しています。

          

     〇「はん濫危険水位」
      避難勧告などの発令判断の目安、住民の避難判断の参考となる水位です。

     〇「避難判断水位」
      避難準備情報の発令判断の目安となる水位です。

     〇「はん濫注意水位」
      水害に備えて水防団(消防団)が出動し警戒にあたる目安となる水位です。

     〇「水防団待機水位」
      水防団(消防団)が水防活動を行うために準備する目安となる水位です。

 

【高島市内の河川の見直し後の水位】


関連ディレクトリ



お問合せ先:政策部 危機管理局 防災課
TEL :0740-25-8133
FAX番号:0740-25-8102
MAIL :bousai@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る