くらしの情報

廃プラスチックボトルの分別収集について

登録日:2016年7月1日
環境部 ごみ減量対策課

マーク これまで高島地域においてのみ実施していましたシャンプー容器等の廃プラスチックボトルの分別収集を、平成28年度から全市域で取り組んでいます。

 廃プラスチックボトルを燃やせるごみとして処分せず、分別収集することでリサイクルができ、ごみの減量化と資源の再利用につながります。

 

 【収集方法】

   ◆ 収集場所(拠点)に設置した収集袋(白色ネット袋)に入れてください。

     ※ペットボトル収集用ネット袋(緑色ネット袋)には入れないでください。

   ◆ 収集袋は収集場所に常設しています。(ごみカレンダーでの指定日はありません。)

     ※各支所への搬入は、執務時間内にお願いします。

   ◆ キャップやポンプを外し、水で2~3回きれいに洗って乾かしてから出してください。

     ※汚れていたり、中身が残っているとリサイクルができません。

     ※汚れがひどい場合は、燃やせるごみで出してください。

 

 【収集場所(拠点)】

     

 

 【収集対象品目】

   プラボトルマーク の表示がされたプラスチック製のボトル類

  例:シャンプー容器、家庭用洗剤の容器、うがい薬の容器、食品用ボトル(サラダ油、ドレッシング、乳酸菌飲料等)など

 

   ※ ペットボトルは対象外です。

     ・ペットボトルは、清涼飲料や醤油などの容器で材質がPET(ポリエチレンテレフタレート)でできています。

     ・プラスチックボトルと一緒には再利用できませんので必ず分別してください。

   ペットボトルマーク  の表示がされたボトル類

   

 

 ●貴重な資源を有効利用するため、皆さまのご協力をお願いします!

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:環境部 ごみ減量対策課
TEL :0740-25-8123
FAX番号:0740-25-8145
MAIL :gomigenryo@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る