市政の情報

【160323記者提供資料】第29回記念館小企画展「~中江藤樹の主な精読書ならびに著述~」開催

登録日:2016年3月25日

▼概 要

 中江藤樹は、11歳で「大学」の一節を読んで、聖人になることを志し、四書・五経・十三経など、種々の漢籍を独学自習しました。そして、知ったことを実生活で修養することにより、朱子学でもなく陽明学でもない「藤樹学」という深遠な思想をうちたてていきました。
 一方、「鑑草」「翁問答」「大学解」「捷経医筌」をはじめ、数多くの著述も残しています。
 精読書および著述をひもとくと、時とともに高まり深まっていく藤樹思想の経緯を知ることができます。
 そこで、この小企画展では、藤樹の精読書と著述を時系列でご覧いただける工夫をしました。藤樹学の深化について検証していただければ幸甚です。

▼日 時

平成28年4月1日から平成28年9月30日までの開館日  
 休館日は毎週月曜日(祝日および振替休日を除く)・祝日および振替休日の翌日(土曜日または日曜日を除く)

▼場 所

近江聖人中江藤樹記念館

▼内 容

精読書として、四書大全・五経大全・十三経注疏・性理大全・医方大成論など、著述として、大学解・捷経医筌・鑑草・翁問答・原人・持敬図説・孝経啓蒙・論語郷党啓蒙翼伝などを展示します。

▼対 象

全来館者

 

▼問い合わせ先
 ○資料提供年月日:平成28年3月23日
 ○所   属:中江藤樹記念館
 ○電話番号:0740(32)0330
 ○ファックス:0740(32)0330


関連ディレクトリ



よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る