市政の情報

市政モニターアンケートの結果について(平成27年度)

登録日:2016年10月13日
政策部 秘書課

 市では、平成25年度から、市政の重要な課題や市民生活に関係の深い問題、市の施策等に関し、市民意識を直接かつ広く把握し、市政に反映させるため、郵送またはインターネット環境を利用した高島市市政モニター制度を実施しています。
 これまでに実施しましたアンケート調査結果の概要をお知らせします。
※平成25年度、平成26年度のアンケート結果は、下部「関連情報」をご覧ください。

平成27年度 市政モニターの概要

●資格
市政や市民生活などに関してご意見やご提案をお寄せいただける方で、平成27年4月1日現在次の項目のすべてに該当する方

⑴ 年齢満15歳以上の方
⑵ 高島市に住民登録のある方
⑶ 次の事項に該当しない方
 ア 国および地方公共団体の議会の議員
 イ 高島市職員
 ウ 同一世帯にモニターになる方がいる方
  (※同一世帯からのモニター選任はお一人のみ の意)
 エ 継続して2期目のモニターになろうとする方
  (※平成26年度のモニターは、平成27年度のモニターにはなれません)

●人数 96人
  ※年齢、居住地域、性別等に著しい偏りがないよう無作為抽出した住民300人にモニター協力を依頼し、登録意思が確認できた方をモニター登録(概ね100人)

●属性(平成27年4月1日現在)

年齢   居住地域   性別
 10代 9人    マキノ 11人    男性  48人
 20代 4人    今 津 19人    女性  48人
 30代 13人    朽 木 18人      
 40代 18人    安曇川 12人      
 50代 26人    高 島 17人      
 60代 16人    新 旭 19人      
 70代以上 10人            

●任期 平成28年3月31日まで

平成27年度 アンケート結果

〔1〕 公共施設の見直しに関するアンケート

 市では、県内他市や全国の自治体に比較して、2倍にも及ぶ公共施設をこのまま維持し続けると財政破綻を招く危険があることから、「高島市公共施設等総合管理計画」を策定し、今後30年間で公共施設を50%削減(床面積ベース)することを目標にしています。この目標を達成するための具体的な見直し方法等について、ご意見をお伺いしました。

回答期間:8月6日~8月21日
回答数:86件

〔2〕 ごみの減量等に関する取り組みについてのアンケート

 市民のみなさんと協働で取り組む「ごみ減量大作戦」の効果等により、市のごみ処理量は近年減少傾向にありますが、一方で環境センターにおけるごみ処理経費は、県内他市町と比較して高くなっています。こうした経費を削減し、安定したごみ処理行政を維持していくためにも、ごみ減量や資源化に関するご意見をお伺いしました。

回答期間:10月28日~11月16日
回答数:85件

〔3〕 保育園等の子育て環境に関するアンケート

 全国的に人口減少社会を迎え、本市においても出生率の低下による急激な少子化が見込まれる中、子どもを安心して産み育てられる環境づくりが一層求められています。そこで、市内の保育園等の施設や子育て環境に関するご意見をお伺いしました。

回答期間:1月15日~2月1日
回答数:83件

〔4〕 第2次高島市総合計画策定に関するアンケート

 高島市の将来像や、これを実現するための具体的施策を定める、現行の「高島市総合計画」が平成28年度で終期を迎えます。これに伴い市では、平成29年度から平成38年度までの「第2次高島市総合計画」の策定を進めています。そこで、本市でも例外ではない、全国的な少子高齢化・人口減少に対応した施策方針の参考とするため、ご意見をお伺いしました。

回答期間:3月7日~3
月22日
回答数:71件

※アンケートにあたって参考にしていただいた資料や、アンケート調査結果は、下部「ダウンロード」をご覧ください。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:政策部 秘書課
TEL :0740-25-8000
FAX番号:0740-25-8101
MAIL :hisho@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る