くらしの情報

マイナンバー社会保障・税番号制度

登録日:2015年4月1日
政策部 企画広報課

平成27年10月から、国民の皆さま一人一人に12桁のマイナンバー(個人番号)が通知されます。
・市区町村から、住民票の住所に通知カードが送付されます。
・通知カードを受け取られた方は、同封された申請書を郵送すること等により、市区町村の窓口で「個人番号カード」の交付を受けることができます。

     


平成28年1月から、マイナンバーは社会保障、税、災害対策の行政手続で利用します。
・年金、雇用保険、医療保険の手続、生活保護や福祉の給付、確定申告などの税の手続など、法律で定められた事務に限って、マイナンバーが利用されます。
・民間事業者でも、社会保険、源泉徴収事務などで法律で定められた範囲に限り、マイナンバーを取り扱います。

法律で定められた目的以外でマイナンバーを利用したり、他人に提供したりすることはできません。
・他人のマイナンバーを不正に入手したり、正当な理由なく提供したりすると、処罰されることがあります。
・マイナンバーと結びついた個人情報を保護するため、様々な対策を講じます。

マイナンバーは、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平・公正な社会を実現する社会基盤です。

 

社会保障・税番号制度や、個人番号カードの詳細について
  
マイナンバー制度や個人番号カードの詳細については以下をご参照ください。
    ・内閣官房ホームページ:http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/
    ・公式twitter:https://twitter.com/MyNumber_PR
    ・マイナンバー制度コールセンター:0570-20-0178(平日9時30分から17時30分まで)

マイナンバー社会保障・税番号制度

~マイナンバーは一生使うものです。大切にしてください。~


関連ディレクトリ



お問合せ先:政策部 企画広報課
TEL :0740-25-8114
FAX番号:0740-25-8101
MAIL :kikaku@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る