市政の情報

高島市公共施設再編の取り組み

登録日:2017年9月20日
総務部 行財政改革課

1.「高島市公共施設等総合管理計画」 

 市が保有する公共建築物及びインフラ資産は、高度経済成長期を中心に多数整備されてきました。老朽化が進むこれらの施設は、今後、一斉に補修や更新の時期を迎えるため、その対策が大きな課題となっています。
 その対策の一環として、市では平成26年度に、高島市公共施設等総合管理計画を策定しました。

◆計画期間
平成27年度から平成56年度(30年間) 

◆目標
・公共建築物
  施設保有量を今後30年間(平成56年度まで)で50%削減
  (総床面積ベースで約182,000㎡(平成26年度比較)を削減)
・インフラ資産
  整備状況や老朽化の度合い等から安全性や保全の優先度を考慮し、計画的な更新・補修を行います。 

 

2.「合併市町村における公共施設の再編に関する調査研究」

 平成27年度に一般財団法人地方自治研究機構と共同で「合併市町村における公共施設の再編に関する調査研究」に取り組み、公共施設の利用状況や老朽度、コスト状況などを調査するとともに、施設再編のあり方に関する市民アンケート調査を実施しました。



3.「高島市公共施設再編計画」

 「高島市公共施設等総合管理計画」の目標を具体化し、計画的に施設再編を推進するため、「合併市町村における公共施設の再編に関する調査研究」の結果をもとにして、平成29年度に「高島市公共施設再編計画」を策定しました。

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:総務部 行財政改革課
TEL :0740-25-8013
FAX番号:0740-25-8101
MAIL :kaikaku@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る