くらしの情報

消費生活施策に関する市長表明

登録日:2018年3月6日
市民生活部 生活相談課

 消費者のライフスタイルの変化やニーズの多様化、また情報技術の進歩により、新たな商品やサービスが誕生し、その契約・販売形態も多岐にわたっています。インターネットの利用も、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットなどが普及し、さらに利便性が向上する一方で、顔の見えない事業者とのトラブルや巧妙化する悪質商法、架空請求などの相談は後を絶ちません。

 本市では、平成28年4月に従来の消費生活相談窓口を高島市消費生活センターに改め機能を強化し、消費者からの苦情や相談に対し専門の相談員による助言やあっせんを行っています。また、消費者被害を未然に防止するため、広報紙・防災行政無線を通じての情報提供や街頭啓発、地域での出前講座により、消費者教育に積極的に取り組んでいます。

 特に本年度は、国の基金等を活用し、子どもの頃から正しい知識を持ってもらうため、小学生を対象にスマートフォンの使い方やインターネットに潜む危険性についての講座を開催し、消費者教育をさらに強化しました。

 本市では、今後とも、相談体制の維持強化を図り、市民一人ひとりが安全に安心して暮らせる地域社会を目指して消費者行政の推進に持続的に取り組んでまいります。

 市民の皆様におかれましては、日頃から消費生活に関する情報にご注意いただき、消費生活に関してお困りの際は、一人で悩まず消費生活センターへご相談ください。

 平成30年3月6日

                                    高島市長 福 井 正 明
 


関連ディレクトリ



お問合せ先:市民生活部 生活相談課
TEL :0740-25-8125
FAX番号:0740-25-8103
MAIL :seikatsu@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る