くらしの情報

消費生活施策に関する市長表明

登録日:2017年3月3日
市民生活部 生活相談課

 急速に変化する社会の中で、商品やサービスの多種多様化が進み、私たち消費者のくらしは、豊かで便利なものとなってきました。しかし一方で、巧妙化する悪質商法や還付金詐欺など特殊詐欺の相談は高齢者を中心に増加傾向にあり、さらに近年では架空請求などのインターネット関連の相談も増え、消費生活に関する相談は後を絶ちません。

 高島市では平成17年から専門相談員を配置した消費生活相談窓口を開設し、消費者からの苦情や相談を受け、助言やあっせんを行い、また広報紙などによる情報提供や街頭での啓発、地域への出前講座など未然に被害を防ぐ啓発活動を行っています。平成28年4月からは高島市消費生活センターと名称を改め相談体制を強化し、消費者問題の知識や理解を深め相談員などのレベルアップを図るとともに、親子消費生活講座などの消費者教育にも取り組んでいます。 

 今後も、引き続き相談体制の維持を図ることで市民一人ひとりが安全に安心して暮らせる地域社会を目指して消費者行政に取り組みたいと考えております。市民の皆様におかれましては、日頃から消費生活に関する情報に注意していただき、消費生活に関してお困りの際は、一人で悩まず消費生活センターへご相談ください。

 平成29年3月3日

                                    高島市長 福 井 正 明
 


関連ディレクトリ



お問合せ先:市民生活部 生活相談課
TEL :0740-25-8125
FAX番号:0740-25-8103
MAIL :seikatsu@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る