くらしの情報

市県民税の納付は特別徴収で!!

登録日:2016年11月30日
総務部 税務課

特別徴収の推進について

 市県民税の特別徴収は、地方税法および各市町の条例により、原則として所得税の源泉徴収をするすべての事業者に義務付けられています。
 滋賀県と県内全市町では、法令遵守の観点から、一定の理由に該当する場合を除き、市県民税の特別徴収による納入を徹底しています。事業者、従業員の都合により、特別徴収を行う、行わないを選択することはできません。市県民税の納付は特別徴収でお願いします。
 

◆市県民税の特別徴収とは◆
 給与所得者(従業員)の納税の便宜を図るため、給与支払者である事業者が所得税の源泉徴収と同様に、住民税の納税義務者である給与所得者に代わって、毎月従業員に支払う給与から市・県民税を徴収(給与からの引き去り)し、納入していただく制度です。

◆特別徴収の対象となる方◆
 前年中に給与の支払いを受け、かつ、4月1日現在において給与の支払いを受けている従業員が対象となります。
 ただし、次の理由に該当する場合は、給与支払報告書とともに「個人住民税の普通徴収への切替理由書」を添付して提出することにより、普通徴収が認められる場合があります。

a 退職者または給与支払報告書を提出した年の5月31日までの退職予定者
b 給与が少なく(年間93万円以下)、個人住民税を特別徴収しきれない者
c 給与の支払期間が不定期(例:給与の支払が毎月でない)
d 他から支給される給与から個人住民税が特別徴収されている者
e 専従者給与を支給されている者

◆特別徴収制度のしくみ◆
(1) 給与支払報告書の提出
 事業者は、毎年1月31日までに従業員が1月1日に住所をおく市町に給与支払報告書を提出します。

(2) 特別徴収税額決定通知書の送付
 市町は、毎年5月31日までに特別徴収義務者(事業者)に対し、特別徴収税額決定通知書(徴収義務者用)を送付します。
 この通知書で年税額および月割額をお知らせしますので、6月の給与から特別徴収を開始いただきますようお願いします。
 また、従業員の方にお渡しいただく特別徴収税額決定通知書(納税義務者用)も併せて送付します。

(3) 税額の納入
 給与から天引きしていただいた市県民税を、翌月の10日までに市町から送付された納付書により納入していただきます。

(4) 納期の特例
 給与の支払いを受ける人が常時10名未満である場合の特別徴収の納入については、「市民税・県民税特別徴収税額の納期の特例に関する承認申請書」を提出し、承認を受けることにより、年12回の納期を年2回にする納期特例制度もあります。  

※納税義務者に異動があった場合
 特別徴収の対象となる従業員が、転勤・退職・休職した場合、給与所得者異動届出書を市町に提出します。
 また、新たに特別徴収へ切替が必要となる従業員については、特別徴収への切替申出書を提出します。

※特別徴収税額納入可能金融機関
1) 滋賀銀行、関西アーバン銀行、滋賀県信用組合、西びわこ農業協同組合、マキノ町農業協同組合、今津町農業協同組合、新旭町農業協同組合、近畿産業信用組合、京滋信用組合、京都銀行の本店・各支店(出張所・代理店)
2) ゆうちょ銀行・郵便局
3) 高島市役所会計課、市役所支所
(※近畿2府4県以外のゆうちょ銀行・郵便局をご利用の場合は,特別徴収のしおり中の「指定通知書」を提出してください。)

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:総務部 税務課
TEL :0740-25-8116
FAX番号:0740-25-8103
MAIL :zeimu@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る