産業・ビジネス

高島市景観計画を変更しました

登録日:2014年10月21日
都市建設部 都市計画課

 高島市では、持続可能で美しい景観を次の世代に継承していけるよう、豊かな自然と長い歴史を通じて形成された、恵まれた風土を活かし、高島にしかない景観を積極的に保存や活用し、“豊かな地域社会”を象徴する景観づくりを進めるため、景観法に基づく景観計画を平成19年10月に策定いたしました。

 市内全域を「景観計画区域」と定めており、特に積極的に伝統的な景観を保全していこうという地域を景観形成推進区域とし、「文化的景観区域」と「水辺景観区域」で構成されています。

 今回、江戸時代の城下町を原形とする町並みや大溝城跡および乙女ヶ池が広がる湖岸一帯に形成された集落景観を「大溝・乙女ヶ池周辺の文化的景観地区」として新たに景観形成推進区域としました。

計画の詳細については、都市計画課の窓口でご覧いただけます。
また、以下のリンクからダウンロードすることができます。
 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:都市建設部 都市計画課
TEL :0740-22-0904
FAX番号:0740-22-4889
MAIL :toshi@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る