くらしの情報

事業所用生ごみ処理機導入事業の補助金制度について

(最大200万円までの支援)

 

登録日:2015年9月16日
環境部 ごみ減量対策課

 高島市では、昨年10月に事業所用生ごみ処理機導入事業補助金制度を創設しました。

 これまでは、各家庭での生ごみの資源化や減量化を推進するため、市民の皆様が生ごみ処理機を購入する場合の購入費の一部を助成してきました。

 さらに一層の推進を図るため、事業所用生ごみ処理機導入事業費補助金制度を創設して、事業系の生ごみの資源化、減量化を目指して、資源循環型社会の構築を進めていきます。

 循環型社会の実現には、事業所皆様の積極的な取り組みと協力が欠かせません。

 ぜひ、この制度をご活用いただき、積極的な生ごみの資源化、減量化等の取組をお願いします。

 なお、家庭用生ごみ処理機等の導入についても引き続きよろしくお願いします。

 ●補助金制度の概要

  ◆対象の処理機等

  (1)生ごみを微生物分解、加熱乾燥等の方法により処理し、堆肥化、消滅または減量化する機器

  ※中古品および転売品は、対象外とします。

  ※焼却炉およびディスポーザは、対象外とします。

  (2)生ごみ処理機本体、電気工事、据付費、上下水道工事費等が対象となります。

  ◆補助対象者

  (1)市内に事業所を有する者

  ※事業所とは、個人または法人が事業のために設けた店舗、事業所、工場、倉庫等

  ※産業廃棄物を処理する目的では、対象外とします。

  (2)市税の滞納がない者

  ◆補助金等

  (1)補助率は、補助対象経費の3分の2以内(千円未満切り捨て)

  (2)補助金限度額は、処理能力が3kg以下のもの4万円

    処理能力が3kgを超えるもの200万円

  ◆申し込み方法

  (1)あらかじめ補助金等交付申請書に、関係書類を添えて、市役所環境政策課に提出してください。

   (2)関係書類

   ・事業計画書(様式第1号)

   ・事業所を有することを証する書類

   ・納税証明書(市税の未納がないことを確認できるもの)

   ・生ごみ処理機の仕様書または形状、規格等が確認できるパンプレット等

   ・導入経費の見積書の写し

   ・生ごみ処理機を設置する場所の現状および位置図

   ・設置前の現況写真

   ・下水道に接続する場合は、排水基準を満たすことを証する書類

   ・その他市長が必要と認める書類等

   ※処理能力が3kg以下のものについては、添付書類を一部省略することができます。

   (※必ず購入する前に、補助金申請の手続きをしてください。)

  

 ◆次の事業所等において、大型の生ごみ処理機を活用して生ごみの資源化、減量化等に積極的に取り組んでくださっています。 

年度

事業所等名

事業概要

資源化、減量化の方法

備考

H26

 WEST LAKE HOTEL 可以登楼  市指定ごみ袋で搬出していた生ごみを事業所用(堆肥型)生ごみ処理機の導入により、生ごみを堆肥化して資源化および減量化に取り組む。  市内の農業施設で、堆肥として再利用する。

採択1号

H26

 社会福祉法人 ゆたか会  市指定ごみ袋で搬出していた生ごみを事業所用(堆肥型)生ごみ処理機の導入により、生ごみを堆肥化して資源化および減量化に取り組む。  職員等の家庭菜園等で、堆肥として再利用する。

採択2号

H26

 有限会社 白浜荘  市指定ごみ袋で搬出していた生ごみを事業所用(堆肥型)生ごみ処理機の導入により、生ごみを堆肥化して資源化および減量化に取り組む。  市内の農業施設で、堆肥として再利用する。

採択4号

H26

 有限会社 丸三  市指定ごみ袋で搬出していた生ごみを事業所用(堆肥型)生ごみ処理機の導入により、生ごみを堆肥化して資源化および減量化に取り組む。  市内の農業施設で、堆肥として再利用する。

採択5号

H26

 株式会社 寿光苑  市指定ごみ袋で搬出していた生ごみを事業所用(堆肥型)生ごみ処理機の導入により、生ごみを堆肥化して資源化および減量化に取り組む。  市内の農業施設で、堆肥として再利用する。

採択6号

H26

 医療法人社団 松田歯科医院  市指定ごみ袋で搬出していた生ごみを事業所用(堆肥型)生ごみ処理機の導入により、生ごみを堆肥化して資源化および減量化に取り組む。  市内の農業施設で、堆肥として再利用する。

採択7号

H26

 栗本食品 株式会社  市指定ごみ袋で搬出していた生ごみを事業所用(堆肥型)生ごみ処理機の導入により、生ごみを堆肥化して資源化および減量化に取り組む。  市内の農業施設で、堆肥として再利用する。

採択8号

H26

 株式会社 福月  市指定ごみ袋で搬出していた生ごみを事業所用(堆肥型)生ごみ処理機の導入により、生ごみを堆肥化して資源化および減量化に取り組む。  市内の農業施設で、堆肥として再利用する。

採択9号

H26

 社会福祉法人 光養会  市指定ごみ袋で搬出していた生ごみを事業所用(堆肥型)生ごみ処理機の導入により、生ごみを堆肥化して資源化および減量化に取り組む。  職員等の家庭菜園等で、堆肥として再利用する。

採択10号

H26

 株式会社 堀場製作所  市指定ごみ袋で搬出していた生ごみを事業所用(堆肥型)生ごみ処理機の導入により、生ごみを堆肥化して資源化および減量化に取り組む。  施設敷地内の植栽堆肥および市内の自社農園で、堆肥として再利用する。

採択11号

H26

 杉橋興産 株式会社  市指定ごみ袋で搬出していた生ごみを事業所用(堆肥型)生ごみ処理機の導入により、生ごみを堆肥化して資源化および減量化に取り組む。  市内の農業施設で、堆肥として再利用する。

採択12号

H27

 株式会社 可以登楼          可以登楼別館  市指定ごみ袋で搬出していた生ごみを事業所用(堆肥型)生ごみ処理機の導入により、生ごみを堆肥化して資源化および減量化に取り組む。  市内の農業施設で、堆肥として再利用する。                      採択13号
                         H27  大華商事 有限会社  市指定ごみ袋で搬出していた生ごみを事業所用(堆肥型)生ごみ処理機の導入により、生ごみを堆肥化して資源化および減量化に取り組む。  市内の農業施設で、堆肥として再利用する。                       採択14号
                          H27  社会福祉法人 たかしま会  市指定ごみ袋で搬出していた生ごみを事業所用(消滅型)生ごみ処理機の導入により、生ごみを消滅させ減量化に取り組む。  発酵分解させて、水として処理する。                         採択15号
                         H27  株式会社 マックアース  市指定ごみ袋で搬出していた生ごみを事業所用(堆肥型)生ごみ処理機の導入により、生ごみを堆肥化して資源化および減量化に取り組む。  市内の農業施設で、堆肥として再利用する。                       採択16号
                         H27  有限会社 フルツネ  市指定ごみ袋で搬出していた生ごみを事業所用(堆肥型)生ごみ処理機の導入により、生ごみを堆肥化して資源化および減量化に取り組む。  市内の農業施設で、堆肥として再利用する。                        採択17号

  

  ◆要綱と様式

    下記から、申請などに必要な様式のダウンロードができます。

 

   

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:環境部 ごみ減量対策課
TEL :0740-25-8123
FAX番号:0740-25-8145
MAIL :gomigenryo@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る