くらしの情報

情報公開制度

登録日:2016年7月6日
市民生活部 生活相談課

高島市では、市の持っている情報(公文書)を公開することにより、公正で開かれた市政を目指しています。

1 公文書の公開請求ができる方は?

市民の方だけでなく、市外にお住まいの方でも、どなた(どの団体)でも公開請求できます。

2 公文書の公開を実施する機関は?

議会、市長、教育委員会、選挙管理委員会、監査委員、公平委員会、農業委員会、固定資産評価審査委員会、消防長および病院事業管理者 です。

3 公開請求の対象となる公文書は?

2の実施機関の職員が職務上作成し、また取得した文書、図画、写真および電磁的記録で、職員が組織的に用いるものとして、現に保有しているものが対象となります。

4 公開請求の方法は?

公文書公開請求書に住所、氏名、公開を請求する公文書の名称等を記入して、生活相談課へ持参または郵送により請求してください。(FAXは誤送信の危険性があるため不可とします)

5 公開できないものはある? 

(1)個人に関する情報・・・特定の個人が識別される情報など

(2)企業などに関する情報・・・企業などの利益を害するおそれのある情報

(3)公共の安全と秩序の維持に支障が生ずる情報

(4)法令などで公開することができないとされている情報

(5)公開すると、審議や検討などに支障が生じる情報

(6)公開すると事務の円滑な執行に支障が生じる情報

6 公開等決定までの期間は? 

公開請求書を受け付けた日から15日以内に公開するかの決定をします。決定内容については、文書で請求者に通知します。

(1)公開の場合は、公開の実施の日時、場所をお知らせします。

(2)部分公開の場合は、公開実施の日時、場所とともに公開できない部分とその理由をお知らせします。

(3)非公開の場合はその理由をお知らせします。

(4)やむを得ない理由がある場合は、決定までの期間を30日以内に限り延長することができます。この場合、延長後の期間および延長理由を書面でお知らせします。

7 費用は?

閲覧は無料ですが、写しの交付を希望されるときは、コピー代(白黒A3サイズまでなら1枚10円)を負担していただきます。また、郵送を希望される場合は郵送料も負担していただきます。

8 決定に不服がある場合は?

決定に不服がある場合は、実施機関に対して審査請求することができます。この場合市では、情報公開審査会に公平な審査を求め、その意見を尊重し再度公開できるか決定します。

 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:市民生活部 生活相談課
TEL :0740-25-8125
FAX番号:0740-25-8103
MAIL :seikatsu@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る