健康・福祉・教育

平成30年度障がい者就労施設等からの物品等優先調達実績および令和元年度物品等優先調達目標について

登録日:2019年6月26日
健康福祉部 障がい福祉課

障害者優先調達推進法について

 平成25年4月1日から「国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進に関する法律(障害者優先調達推進法)」が施行されました。
 
 この法律は、障がい者就労施設等で就労する障がい者の経済的な自立を図るため、国や地方自治体の公共機関が、物品等を調達する際に障がい者就労施設等から優先的・積極的に購入することを推進するために制定されました。

 また、障害者優先調達法により、国や地方公共団体等は毎年度、障がい者就労施設等からの物品等の調達について、調達方針を策定・公表し、当該年度終了後、実績を取りまとめ、公表することとなっています。

 本市においても、同法にもとづき「高島市障がい者就労施設等からの物品等の調達方針」を策定しています。 

◇平成30年度障がい者就労施設等からの物品等優先調達に関する実績について◇

 平成25年12月に策定した「高島市障がい者就労施設等からの物品等の調達方針」に基づき、以下のとおり、平成30年度の調達実績を集約するとともに令和元年度の調達目標を定めました。
 平成30年度調達実績は、目標額に対して102.3%と、昨年度に引き続き上回りました。
しかし、平成29年度調達実績(5,604千円)と比較して93.0%と調達額は下回りました。
 

【平成30年度 調達実績】 

区分

実績金額

件数

主な調達内容

目標額

達成率

物品

 1,443千円

34件

日用消耗品購入、野菜等の食材購入

1,641千円

87.9%

役務

 3,769千円

17件

封筒等印刷業務、市有施設等の清掃業務

3,454千円

109.1%

 5,212千円

51件

 

5,095千円

102.3%

 

◇令和元年度障がい者就労施設等からの物品等優先調達に関する目標について◇

   今年度の目標額については、市役所全組織に調査した結果を集約し、設定しています。
  高島市では障がい者就労施設等からの物品等優先調達推進に努めていきたいと思います。  

  令和元年度 調達目標額:4,810千円
                                内訳 物品:1,671千円 
                                     役務:3,139千円

 

 地方公共団体は、障がい者の自立促進の観点から、物品やサービスを調達する際、優先的に障がい者就労施設等からの調達に努めるよう義務付けられています。
 高島市では、「高島市障がい者就労施設等からの物品等調達方針」を策定し、高島市の全組織が発注する物品または役務について、障がい者就労施設等から優先して調達するよう努めています。

 


関連ディレクトリ



お問合せ先:健康福祉部 障がい福祉課
TEL :0740-25-8516
FAX番号:0740-25-8054
MAIL :shougai@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る