くらしの情報

高島市環境センター ダイオキシン類超過問題 再発防止の取り組み

登録日:2015年3月27日
環境部 ごみ減量対策課

 このたび、当市の環境センターから排出した廃棄物(ばいじん)のダイオキシン類濃度が、ダイオキシン類対策特別措置法に基づき、3ng-TEQ/gを超える場合は特別管理一般廃棄物と定められ、一般管理廃棄物と区分してその取り扱いが特定されているとともに、大阪湾広域臨海環境整備センターの廃棄物受入規定の判定基準を超過しているにもかかわらず、平成19年度から7年間の長きにわたり、再測定により事実を隠ぺいし、同センターへ搬出していた事実が判明いたしました。

 その結果、大阪湾広域臨海環境整備センターや近畿2府4県の関係諸団体の信頼を裏切り、とりわけ現在の埋立処分場が位置する神戸市民の皆様や搬出に際する拠点基地が位置する尼崎市民の皆様など、大変多くの方々に多大なご迷惑、ご心配をお掛けすることとなり、誠に慚愧に堪えません。心より深くお詫び申し上げます。

 市といたしましては、6月13日に全庁的な組織といたしまして「高島市環境センター・ダイオキシン類対策検討委員会」を設置し、すでに本件事案の発生原因やその背景の詳細な調査に着手するとともに、また、速やかに外部委員によります第三者委員会を立ち上げ、専門的な立場からの検証と今後の再発防止に向け、徹底した対応を講じて参りたいと考えております。

 現時点におきましては、今回の事案が関係職員の法令遵守や、あるいは危機意識の欠如、さらには組織的なチェックが長年にわたり機能していなかったことがその原因ではなかったかと強く感じているところです。

 今後におきましては、原因の究明はもとより、再発防止に向け一日も早い信頼回復に努め、二度とこのような不祥事を引き起こすことのないよう市職員全員で全力を挙げて取り組んで参りたいと思います。

 あらためまして関係者の皆様に、重ねて心からお詫び申し上げます。

                             平成26年6月16日  高島市長 福井 正明

 


関連ディレクトリ



お問合せ先:環境部 ごみ減量対策課
TEL :0740-25-8123
FAX番号:0740-25-8145
MAIL :gomigenryo@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る