くらしの情報

70歳以上75歳未満の人の一部負担金の割合が変更になりました

登録日:2014年4月1日
健康福祉部 保険年金課

 

 平成26年度から、70歳以上75歳未満の人の医療機関の窓口で支払う一部負担金の割合が変更されます。

 ただし、昭和19年4月1日以前生まれの人は、これまで通り1割に据え置かれます。

 昭和19年4月2日以降生まれの方は、70歳の誕生日の翌月から2割となります。

 現役並み所得者の一部負担金の割合は3割のままで変更ありません。

70歳から74歳の人の一部負担金の割合が変わります

70歳以上75歳未満の人の自己負担割合

  平成25年度まで 平成26年度から

一般

低所得者【1】

低所得者【2】 
 

 1割
 
 昭和19年4月1日以前生まれの人   1割
 昭和19年4月2日以降生まれの人 2割

 現役並み所得者

    3割

 

 70歳から74歳までの方の窓口負担は、法律上2割となっていますが、特例措置で平成25年度まで1割負担とされていました。平成26年度から、より公平な仕組みとするため、この特例措置が見直されることとなりました。

 見直しに当たっては、高齢の方の生活に大きな影響が生じることがないよう、平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方から段階的に実施されます。個人でみると、負担割合が増える方はおられません。

 


関連ディレクトリ



お問合せ先:健康福祉部 保険年金課
TEL :0740-25-8137
FAX番号:0740-25-8102
MAIL :nenkin@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る