健康・福祉・教育

雪下ろし支援金給付制度

登録日:2016年12月27日
健康福祉部 長寿介護課

 高島市では、冬期の大雪対策として、雪下ろし等を自力で行うことが困難な低所得世帯で、雪下ろしや雪かきを行わなければ住んでいる家が損壊し、生命の安全が確保できない高齢者世帯、障害者世帯、母子世帯および父子世帯を対象に、支援金を支給します。

【対象世帯】

 親族の支援による雪下ろし等が困難な市町村民税非課税世帯または市町村民税均等割のみ課税世帯で、次の1~3のいずれかに該当する世帯
 1.70歳以上の高齢者のみで構成される世帯
 2. 身体障害者手帳1級、2級または肢体不自由3級に該当する者のみで構成される世帯
 3.小学校6年生までの児童とで構成される母子世帯および父子世帯
 ※親族等がおられる場合でも、雪下ろし等ができない事情があれば、給付対象世帯とします。

【対象経費】

 積雪により現に居住する家屋が倒壊等するおそれがある場合において、給付対象世帯が業者または個人に委託した雪下ろし等の費用

【支給金額】

 雪下ろし等1回あたりに支払った金額を基準額とし、給付率は、               
 ★市町村民税非課税世帯は、       基準額×2/3(上限額33,000円)
 ★市町村民税均等割のみ課税世帯は、基準額×1/2(上限額25,000円)
  ※千円未満の端数金額は切り捨ていたします。
  ※支援金の給付回数は、必要に応じて実施された回数分を対象とします。

【対象地域】
マキノ町海津、西浜、高木浜一丁目、高木浜二丁目、小荒路、野口、在原、山中、下、浦、寺久保、蛭口、石庭、牧野、白谷、上開田、下開田、辻、森西、沢、知内、新保、中庄、大沼

今津町下弘部、上弘部、藺生、梅原、岸脇、深清水、桂、酒波、日置前、福岡、北仰、浜分、角川、保坂、椋川、杉山、天増川

朽木市場、野尻、荒川、麻生、地子原、雲洞谷、能家、小入谷、生杉、中牧、古屋、桑原、平良、小川、栃生、村井、大野、古川、岩瀬、柏、宮前坊

安曇川町下古賀、上古賀、長尾、中野、南古賀、田中

高島、鹿ヶ瀬、黒谷、畑

※大雪警戒本部が設置された場合は上記にかかわらず市内全域対象となります。

【申請方法】

 業者等に委託した雪下ろし等の作業および代金支払い完了後、「一人暮らし高齢者等雪下ろし支援金給付申請書」に必要事項を記入し、「領収書(写)」を添えて、お住まいの地域の各保健センターへ提出してください。
 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:健康福祉部 長寿介護課
TEL :0740-25-8029
FAX番号:0740-25-8054
MAIL :kaigo@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る