くらしの情報

子ども医療費助成制度

平成26年10月診療分から小・中学生の医療費を助成します

登録日:2014年10月2日
健康福祉部 保険年金課

 

 子育ての経済的な負担の軽減を図るため、小・中学生の医療費の助成を行ってます。

助成の方法は、受給券を医療機関等の窓口に提示していただくと、医療費(保険診療分)を支払わなくてよい現物給付方式となります。

 

【対象となる時期】

 平成26年10月診療分から

【対象年齢】

 小・中学生(15歳到達後最初の3月31日までの子ども)

【対象条件】

 高島市に住民登録のある子どもで、健康保険に加入していること

 ※生活保護を受給している子ども、里親に委託されている子ども、施設等に入所している子どもは除きます。

【助成範囲】

 医療費(保険適用総医療費の自己負担分)を助成します。

 ※保険のきかないもの(差額ベッド代など)や入院中の食事代、交通事故等で他に責任があるものは助成されません。加入されている健康保険からの保険給付が子ども医療費よりも優先されるため、健康保険から高額療養費や附加給付が支給される場合は、その給付分を差し引いた額を助成します。また、日本スポーツ振興センター災害共済給付金との併用助成はできません。

【助成方法】

 現物給付(医療機関等の窓口で受給券を提示していただくと、医療費を支払う必要はありません。)

 ※受給券(藤色の券)と保険証を窓口に提示してください。

 ※県外で受診される場合は、保険証のみ提示し、一旦、自己負担分をお支払いいただき、後日払い戻し(償還払い)の手続きをしていただくと、翌月返金します。

 ※医療保険の自己負担分を支払った日の翌日から起算して5年を超えると助成できません。

【償還払いの申請に必要な書類】

 ・領収書の原本(受診者名、入院期間、保険点数、支払金額、医療機関名が記載され、領収印のあるもの)  

 ・子ども医療費受給券           

 ・印鑑      

 ・保護者の預金通帳    

 ・高額療養費、附加給付等の支払決定通知書(該当する方のみ。該当する場合、加入されている健康保険からの支払額が決定してからのお支払となります。)

【償還払い申請窓口】

 保険年金課または各支所

【その他】                                                                           

 子ども医療費助成の対象となる小・中学生で、既に障害、母子・父子家庭の福祉医療費助成制度の対象者で受給券をお持ちの方は、その制度からの助成を行います。 

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:健康福祉部 保険年金課
TEL :0740-25-8137
FAX番号:0740-25-8102
MAIL :nenkin@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る