市政の情報

みてねっと!ウィークリーニュース No.218【8月30日】

更新日:2013年8月31日
政策部 秘書課

「みてねっと!ウィークリーニュース」では、市政の動きや市民の皆さんの活動を動画でわかりやすく紹介する行政情報番組として、毎週金曜日に放送しています。

動画を見る
【WindowsMediaPlayer】

一週間のできごと

見たいニュースの写真下の【YouTube】をクリックすると、そのニュースのみの映像が見られます。

戦争体験や平和の尊さ次世代へ【8月24日(土)】

平和を誓う市民の集い
平和を誓う市民の集い平和都市宣言の朗読
【youtube】


8月24日(土)、「平成25年度 高島市戦争犠牲者を追悼し平和を誓う市民の集い」が、高島市民会館で開催されました。集いでは、はじめに戦争の犠牲者を悼んで黙祷が捧げられ、市長の式辞、来賓の追悼のことばの後、今年3月に鹿児島へ戦跡訪問した小中学生3人の作文発表が行われました。また、献奏として、声楽家や3つの合唱団が、「ふるさと」や「花は咲く」などの歌を捧げ、続いて献花が行われ、出席者全員で犠牲者の冥福を祈りました。最後に、高島市青年協議会と演劇集団つばめが「平和都市宣言」を朗読し恒久平和を誓い、集いを閉じました。この集いは、すべての戦争犠牲者を追悼し、先の大戦から得た多くの教訓を心に刻み、平和を願う心を次世代へつなぐことを目的に、毎年開催しているもので、この日は約450人の方が参加され、平和への誓いを新たにしました。
過ぎゆく夏を、まつりで堪能!マキノ高原で市民まつり【8月24日(土)】

たかしま市民まつり
働くクルマ大集合フィナーレの花火
【youtube】

8月24日(土)マキノ高原を会場に、たかしま市民まつりが行われました。7回目を迎える今年は、「つながりから絆へ ~つながりから生まれる高島の未来~」をテーマに、マキノ高原ヨシたいまつ祭りと合同で行われました。午後2時に祭が開幕。会場内には様々なコーナーが設けられ、「はたらく車大集合」のコーナーには、普段間近で見ることのできない車が勢ぞろい。実際に運転席に乗り込んだり記念撮影をしたりする家族連れなどでにぎわっていました。また、特設ステージでは、13団体が歌やダンスなど、様々な発表を行いました。日が暮れると、高原の斜面に設置された1000個のペットボトルランタンに明かりが灯され、幻想的な雰囲気を醸し出すとともに、祭の最後には、ヨシたいまつが点火され、花火が夜空を彩りました。何より心配された天候も何とか持ちこたえ、まつりは、盛会裏に幕を閉じました。

びわ湖ホール声楽アンサンブルと市民がオペラで共演【8月25日(日)】

落語でオペラしませんか
結成20周年を迎えた高島少年少女合唱団びわ湖ホール声楽アンサンブル
【youtube】


8月25日(日)、ガリバーホールで、びわ湖ホール地域協働公演「落語でオペラしませんか!」が行われました。公演は2部構成で、第1部では、高島少年少女合唱団の20周年記念公演が行われました。公演では、合唱団の20年間の歩みを歌と映像で振り返るとともに、卒団生や保護者も参加して、合唱構成劇「はしれ、ぞうれっしゃ!」の一場面を上演しました。第2部では、「落語でオペラしませんか!」 が上演され、びわ湖ホール声楽アンサンブルと市民の合唱出演者が共演しました。有名なオペラの名場面を、落語家の桂三風さんの軽妙な語りでつなぎ合わせて、ストーリー仕立てで上演。最後は、歌劇「椿姫」の「乾杯の歌」をイタリア語で大合唱し、公演公演を締めくくりました。びわ湖ホール地域協働公演は、平成24年度から26年度までの3年がかりで行う事業で、最終となる来年度は、市民参加による本格的なオペラ公演に挑戦します。


これからの予定

【平成25年度 高島市総合防災訓練】
  日 時 日時 9月1日(日) 午前8時~午後0時30分
  場 所 アイリッシュパーク周辺、高島市役所・各支所、高島市民病院
  内 容 避難・避難所開設訓練、救出救助訓練、炊き出し訓練、
       ボランティアセンター開設訓練など
   防災課  電話0740-25-8133

  ※天候の都合により、中止となりました。


関連ディレクトリ



お問合せ先:政策部 秘書課
TEL :0740-25-8000
FAX番号:0740-25-8101
MAIL :hisho@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る