市政の情報

【130822記者提供資料】国道303号線 海老坂トンネル工事現場見学(今津西小学校)

登録日:2013年7月10日

▼概要
 本校では、総合的な学習の時間に郷土学習の一環として「フィールドワーク九里半街道」を実施している。本校の前を国道303号線が走っているが、この道は中世には、若狭湾の海産物を京の都に運ぶ流通の動脈としての役割を果たし、「九里半街道」と呼ばれていた。
 「フィールドワーク九里半街道」の活動では、保坂地区・分水嶺・水坂峠・水坂トンネル、小浜市内のフィールドワークを実施した。続いて、以前は西小学校の分校があり、自衛隊の演習場となったため集団移転をした生見地区を訪れる予定である。
 海老坂トンネルは、国道303号線の改修工事に伴い、新たに建設されているトンネルであり、このトンネルや303号線の改修により、今津西地区も大きく様変わりすることが考えられる。フィールドワークにこのトンネルを加えることで、これからのこの地域の変容を考える機会として実施する。


▼日時
  平成25年9月4日(水)10時40分~12時10分(雨天決行)

▼場所
  滋賀県高島市今津町 海老坂トンネル工事現場

▼内容
  建設業者 桑原組・NPO法人CESAによる環境にやさしいトンネル
  工事工法等の説明
  工事現場の説明、掘削機械等の説明

▼対象
  今津西小学校全児童(1年2名、3年2名、4年1名、5年1名)

 

   ○資料提供年月日:平成25年8月22日
   ○学校名:高島市立今津西小学校
   ○電話番号:0740(24)0004  
   ○ファックス:0740(24)0039

 


関連ディレクトリ



よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る