市政の情報

【130822記者提供資料】国道303号線 海老坂トンネル工事現場見学(朽木中学校)

登録日:2013年7月10日

▼概要
 生徒たちにとって身近な国道303号線で今、大規模なトンネル工事が行われている。そして、工事が完了した後に、何度も通り抜けることになるであろうこのトンネルの建設の現場を見学し、本校のキャリア教育及び社会科教育の充実を図ることを目的に実施する。
 1年生では、キャリア教育の一環として、人々の生活の基盤を支える仕事の尊さ、後世に残るトンネルづくりにチャレンジする誇りを学ぶ機会とする。
 2年生では、社会科学習指導要領地理的分野(2)「日本の様々な地域」(イ)「世界と比べた日本の地域的特色」(エ)「地域間の結び付き」の内容と関連させ、海老坂トンネルのもつ意義・役割を学ぶ機会とする。
 3年生では、社会科学習指導要領公民的分野(2)「私たちと経済」(イ)「国民の生活と政府の役割」の内容と関連させ、租税教育の一環として、税の使いみちの視点から学ぶ機会とする。

▼日時
  平成25年9月4日(水)14時30分~16時30分(雨天決行)

▼場所
  滋賀県高島市今津町 海老坂トンネル工事現場

▼内容
  NPO法人CESA「環境にやさしい社会整備基盤整備とトンネル工事ウォッチング」
    (建設業者:桑原組・杉橋建設JV)
   ・環境にやさしい基盤整備とその工法等の学習
   ・工事現場の見学、最新測量機器の学習と体験  等

▼対象
  高島市立朽木中学校 全校生徒56名  教職員9名
            (1年20名、2年20名、3年16名)

 

▼問い合わせ先
 ○学校名:高島市立朽木中学校
 ○電話番号:0740(38)2314
 ○ファックス:0740(38)3227

 


関連ディレクトリ



よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る