市政の情報

みてねっと!ウィークリーニュース No.204【5月24日】

登録日:2013年5月24日
政策部 秘書課

「みてねっと!ウィークリーニュース」では、市政の動きや市民の皆さんの活動を動画でわかりやすく紹介する行政情報番組として、毎週金曜日に放送しています。

動画を見る
【WindowsMediaPlayer】

一週間のできごと

見たいニュースの写真下の【YouTube】をクリックすると、そのニュースのみの映像が見られます。

小学校で放射線の出前授業開始【5月17日(金)】

小学校で環境放射線出前講座
【youtube】

5月17日(金)、マキノ東小学校で、環境放射線に関する出前授業が行われました。最初に、同校の江端教頭が、パンフレットなどをもとに放射能と放射線との違いや日常生活における放射線の利用例などを説明。その後、高島市原子力防災対策室の職員から簡易測定器の使い方の指導を受け、屋外で放射線を実際に測定しました。児童たちは、グループに分かれて、遊具や校舎周辺など思い思いの場所を測定し、数値を記録していました。この日は、滋賀県の環境放射線モニタリングカーも公開され、児童らは、車内を興味深げに覗き込んでいました。教室に戻った児童は、「放射線がいろんなことに使われていることを知った」「放射線は身近なところにあるものだと思った」など、今回の授業の感想を発表しました。
百選の棚田で、棚田守り人ら300人が田植え【5月19日(日)】



畑の棚田で田植え
【youtube】

滋賀県で唯一「日本の棚田百選」に選ばれている畑の棚田で、5月19日(日)、棚田オーナーによる田植え作業が行われました。心配された天気も曇り空で持ちこたえ、この日は、県内はもとより、京阪神や愛知県、遠くは埼玉県などから66組、総勢約300人が参加されました。毎年参加されている方は慣れた手つきで手際よく、初めての方は地元農家の指導を受けながら、一株一株丁寧に苗を植えていました。お昼のサイレンを合図に作業は終了し、昼食には棚田米で作ったおにぎりと豚汁が振舞われました。参加者らは土手に腰かけ、棚田の風景を楽しみながら、のんびりと昼食を楽しんでいました。棚田オーナー制度は、毎年、募集枠がすぐに埋まるほどの人気で、その6割は県外の方々です。都市と農村との交流を通して、棚田の保全と地域活性化を図る取り組みは、今年で14年目を迎えます。


これからの予定

【薪人の祭】
  日 時 5月25日(土) 午前11時~午後3時
  場 所 高島市マキノ町蛭口(木下製材敷地)
  内 容 ロケットストーブコンロづくり、薪わり道場、チェーンソーアート、沖縄音楽のライヴ、模擬店など
   市民エネルギーたかしま(担当:池田さん) 電話090-6601-3353

【たかしま・未来・円卓会議】
  日 時 5月26日(日) 午後1時30分~午後4時30分 
  場 所 今津東コミュニティセンター
  内 容 基調講演「市民による市民のためのしあわせ社会づくり」
       たかしま・未来・ワールドカフェ
   たかしま市民協働交流センター 電話0740-20-5758


関連ディレクトリ



お問合せ先:政策部 秘書課
TEL :0740-25-8000
FAX番号:0740-25-8101
MAIL :hisho@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る