市政の情報

みてねっと!ウィークリーニュース No.202【5月10日】

登録日:2013年5月10日
政策部 秘書課

「みてねっと!ウィークリーニュース」では、市政の動きや市民の皆さんの活動を動画でわかりやすく紹介する行政情報番組として、毎週金曜日に放送しています。

動画を見る
【WindowsMediaPlayer】

一週間のできごと

見たいニュースの写真下の【YouTube】をクリックすると、そのニュースのみの映像が見られます。

大型連休後半は、春祭りたけなわ【5月3日(金)・4日(土)】

足半祭
【youtube】


大溝祭 宵宮
【youtube】


七川祭
【youtube】

大型連休の後半にあたる5月3日から6日にかけて、市内の各地で春まつりが行われました。

<足半祭>
5月3日(金)、市の無形民俗文化財に指定されている「足半祭」が、安曇川町の上古賀・下古賀地区で行われました。両地区から出発した祭列が、両地区の境目に来ると、長袖衆(ながそでしゅう)と呼ばれる一行が前面に出てにらみ合いのまま対じ。その後双方が一斉に土下座をして交礼し、羽織袴姿の配役が、刀と扇子をもってユニークな踊りを披露しました。この祭りは、安曇川町上古賀と下古賀のかつての境界争いの出遭いの場面を表したものともいわれ、集落の歴史を人々の演技で伝えるという、大変珍しい祭礼として知られています。

<大溝祭宵宮>
5月3日(金)と4日(土)の両日、湖西唯一の曳山祭りといわれる大溝まつりが行われました。宵宮の3日夕方には、曳山の四方に設置された提灯に灯りがともされ、鉦、笛、太鼓による祭囃子を奏でて、5基の曳山が旧城下町を巡行しました。狭い路地も、引き手の絶妙なさばきで通り抜ける様に、訪れた観客は魅了されていました。大溝祭の起源は、伊勢上野の曳山祭りを移したものと伝えられており、昭和58年に、滋賀県の選択無形民俗文化財に指定されています。

<七川祭り>
5月4日(土)、湖西最大の“馬祭り”である七川祭りが行われました。12人の若者が藤色の着物をまとい、ひし形の的がついた青竹を持って歩く「的練り」。しんがりの「樽振り」と呼ばれる2人の若者が、アドリブで口上を唱えると、馬場に設けられた座敷席からは笑いと拍手が沸き起こっていました。ほかにも、馬場を勢いよく駆け上がる流鏑馬や役馬(やくうま)の奉納競馬が行われ、全力で疾走する馬の迫力ある姿に、観客から歓声が上がっていました。この日に奉納される「的練り」と「樽振り」は、総称して「奴振り」と呼ばれ、昭和33年に滋賀県の選択無形民俗文化財に指定されています。


これからの予定

【高島市民会館 ロビーコンサート】
  日 時 5月12日(日) 午後1時30分~
  場 所 高島市民会館
  内 容 第6回今津中学校吹奏楽部によるロビーコンサート
  入場料 無料
   高島市民会館 電話0740-22-1764

【邇々杵神社 渡しまつり】
  日 時 5月12日(日) 午後2時頃~ 
  場 所 朽木宮前坊(邇々杵神社)
   文化財課 電話0740-32-4467


関連ディレクトリ



お問合せ先:政策部 秘書課
TEL :0740-25-8000
FAX番号:0740-25-8101
MAIL :hisho@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る