市政の情報

みてねっと!ウィークリーニュース No.201【5月2日】

登録日:2013年5月2日
政策部 秘書課

「みてねっと!ウィークリーニュース」では、市政の動きや市民の皆さんの活動を動画でわかりやすく紹介する行政情報番組として、毎週金曜日に放送しています。

動画を見る
【WindowsMediaPlayer】

一週間のできごと

見たいニュースの写真下の【YouTube】をクリックすると、そのニュースのみの映像が見られます。

高島市防災会議で、防災計画・避難計画を承認【4月26日(金)】

高島市防災会議
【youtube】
4月26日(金)、安曇川公民館で、高島市防災会議が行われ、全面的に改正した高島市地域防災計画(原子力災害対策編)が諮られ、承認されました。改正された地域防災計画では、福井県での原発事故を第一に、地震や風水害などの複合災害も想定。滋賀県のUPZ(緊急時防護措置準備区域)に沿って原子力災害対策を重点的に実施する地域を定めるとともに、防災計画の事故想定をもとに、防護対策、避難先、輸送手段等を記載した「高島市住民避難計画」を、別冊として新たに作成しました。今回承認された防災計画は、今後も国や県の動向を注視しながら、その都度必要な改正を行っていく予定です。
まわし姿で、神輿練り歩く”海津力士まつり”【4月29日(月)】

海津力士まつり
【youtube】

4月29日(月)、国の文化的景観に選定されているマキノ町海津、西浜地区一帯で、「海津力士まつり」が行われました。午後1時、力士姿の若者にかつがれた2基の神輿が海津天神社を出発。上下に激しく揺さぶったり蛇行したりしながら海津、西浜地区を日が暮れるまで練り歩きました。両地区を練り歩いた神輿は、午後8時ごろ再び神社に戻ってくると、かがり火が焚かれた境内で、神輿の激しい#65378;おねり#12301;が行われました。会場は盛大な歓声と拍手が湧き上がり、祭りは最高潮に達しました。この祭りは、海津港が北陸から京への塩や米の輸送基地として賑わった約300年前から始まったといわれ、その当時、回船問屋で働く若者たちが力士をまねて化粧まわしを着け、美しさを競ったのが始まりといわれています。


これからの予定

【高島市内の春まつりの予定】

  《5月3日(金)》
   大溝まつり宵宮:高島市勝野(日吉神社)
   今市竹馬まつり:新旭町熊野本(佐々木神社)
   寅の祭:安曇川町三尾里(簑島神社) 
   足半祭:安曇川町上古賀(熊野神社)
   水尾神社春の大祭:高島市拝戸(水尾神社)

  《5月4日(土)》
   七川祭:新旭町安井川(大荒比古神社)
   大溝まつり:高島市勝野(日吉神社) 
   田中まつり:安曇川町田中(田中神社) 
   今津祭:今津町今津(日枝神社・住吉神社)
   国狭槌神社春の祭礼:安曇川町下小川(国狭槌神社)

  《5月5日(日)》
   辻沢竹馬まつり:新旭町熊野本(若宮八幡神社)
   山神神社例大祭:朽木野尻(山神神社)


関連ディレクトリ



お問合せ先:政策部 秘書課
TEL :0740-25-8000
FAX番号:0740-25-8101
MAIL :hisho@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る