市政の情報

【130307記者提供資料】今津の歴史を学ぼう会が、まちづくり講演会を開催
「琵琶湖の神秘-湖底遺跡そしてフナズシへ-」

登録日:2013年3月11日

▼概要
 琵琶湖の周辺には約1万年前から人々が生活し、自然と人との有機的な関係によって形成された生活文化や信仰、優れた景観等が今も豊かに息づいている。湖底に残された遺跡の発掘調査の成果から、琵琶湖と人間との関係の歴史をひもとき、日本人のソウルフード「すし」のルーツとよばれるフナズシの秘密に触れる。保存食品・健康食品としてのみならず、多様な価値を持つフナズシ文化について学んでみよう!

 
▼主催
 今津の歴史を学ぼう会

▼後援
 高島市

▼日時
 平成25年3月10日(日) 午後2時~午後4時

▼場所
 今津図書館 視聴覚室

▼講演
 演題:琵琶湖の神秘-湖底遺跡そしてフナズシへ-
        講師:滋賀県立安土城考古博物館 副館長 大沼芳幸 氏
     報告 今津の歴史を学ぼう会の活動内容

▼対象
 一般40名

▼費用
  無料

 高島市では、地域の歴史を学ぶことが、自分たちの地域の良さを知ることに繋がり、まちづくりに資することから、「今津の歴史を学ぼう会」が行う事業に対し、魅力ある地域づくり事業補助金を交付しています。

 

   ○資料提出年月日:平成25年3月7日
   ○所  属:高島市役所今津支所
   ○電話番号:0740(22)2551
   ○ファックス:0740(22)3862

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る