健康・福祉・教育

親子体験学習 ◆冬バージョン◆ 
 ~雪山体験と食育学習(高島市産の食材を使った昼食づくり)~

登録日:2013年2月13日
教育委員会事務局 教育総務部 社会教育課

 学齢期(小学生、中学生)の子どもと親が、様々な体験活動を通してふれあい、より良い関係が築けるよう、家庭教育支援事業「親子体験学習事業」を開催しました。

 今年度は、初めて冬の体験活動を行い、雪山かんじき体験と食育学習にチャレンジしました。

 1月14日(月) 午前中は昼食づくり
        午後は雨のため、かんじき体験から丁稚ようかんづくりに内容を変更。

 1月20日(日) 午前中は昼食づくり
        午後からかんじきをはいて雪山を歩きました。

 



【事業名】 親子ふれあい体験活動

【主 催】 高島市PTA連絡協議会

 

★1月14日(月・祝)

【参加者】  5家族16人 

【指導者】 ●食育指導 市食育リーダー  西澤 恵美子さん(朽木)
                     多胡 みち子さん(新旭)

      ●体験指導(丁稚ようかんとようじづくり)
            朽木いきものふれあいの里の職員さん 

【会 場】 朽木いきものふれあいの里  

【内 容】

10:00~ 開講式
     食育学習(高島市産の食材を使った昼食づくり)
      メニュー:米粉すいとん入りぼたん鍋、米粉うどんなど
12:30~ 昼食・後片付け
13:30~ 丁稚ようかんとようじづくり
14:50~ 閉講式

昼食づくり

包丁の背を押さえて、力を込めて、ニンジンを切ります。
ケガしないよう、慎重に気をつけて。
米粉のすいとんをつくります。
長いもを入れたので、ねばりが強く、生地が重くなりました。
すいとんをスプーンですくって、ぼたん鍋の中に落とします。

米粉うどん

朽木で獲れた猪の肉

米粉すいとん入りぼたん鍋

家族そろって、「いただきます!」 ぼたん鍋は、お肉も野菜も、よく味がしみ込んでいました。 米粉うどんもおいしくできました。

 

丁稚ようかんとようじづくり

あんに小麦粉とかたくり粉を混ぜてこねます。あんは、朽木産小豆でつくられたものです。 竹の皮の真ん中にあんをおいて、広げます。 蒸した丁稚ようかんを、雪の中に埋めて、冷やし固めました。

ようかんのできあがりを待つ間に、クロモジの木の小枝を削り、ようじをつくりました。

丁稚ようかんが、完成!

自分でつくったようじを使って、できあがったようかんを食べました。

 

★1月20日(日)

【参加者】 7家族18人

【指導者】 ●食育指導 市食育リーダー 西澤 恵美子さん(朽木)
                    多胡 みち子さん(新旭)

      ●体験指導(雪山かんじき体験)
            朽木いきものふれあいの里の職員さん

【会 場】 朽木いきものふれあいの里
      朽木東小学校調理室

【内 容】    

10:00~ 開講式
     食育学習(高島市産の食材を使った昼食づくり)
      メニュー:猪肉の肉じゃが、きのこいっぱいけんちん汁、柿なます、ごはん
12:00~ 昼食・後片付け
13:00~ 雪山かんじき体験
14:40~ おやつ(丁稚ようかん)
14:50~ 閉講式 

昼食づくり

子どもたちは、ピーラーを使って、じゃがいもやにんじんの皮を上手にむいています。 姉妹で仲良く、調理しました。家でも、こんなふうにお手伝いをしているんでしょうね。 家族で協力して、昼食づくり。小さな子には、パパがちょっとだけサポート・・・。

猪肉がいっぱい入った肉じゃが

左から、柿なます、きのこいっぱいけんちん汁、肉じゃが 全部おいしくできて、みんなもりもり食べました。

 

雪山でかんじき体験

今回使用した、かんじきです。

かんじきは、途中でぬげないように、ヒモで足にしっかりと固定します。

かんじきの前や後ろを踏まないように、大きな歩幅で歩きます。

雪の中で、動物の足あとを探したり、タムシバの木のにおいをかいだりしました。 雪の登山道を、かんじきでどんどん登っていきます。 蛇谷ヶ峰展望台(においこぶしの見える丘)まで登りました。
みんなで、「ヤッホー!」

 

★食育学習でお世話になった食育リーダーさん

市の食育リーダー 西澤さん(左)と多胡さん(右)です。お二人とも農業を営んでおられます。 調理の指導だけでなく、猪肉や野菜など材料の準備、簡単な下ごしらえなどもお世話になりました。 猪肉じゃがや柿なますが、おいしくできるよう、各班の様子をチェックしていただきました。



★感想

■親

・親子で、料理をすることは、あまり無いので、有意義な時間が過ごせてたいへん良かったと思います。
 こんな体験は、より多くの方々にして頂きたいと考えます。単位PTAでも、みんなに伝えていきたいと思います。

・普段、食事づくりの手伝いを頼んでも、時間のことを考え、ついつい手が出て、結局、私がしてしまうのですが、今日はゆっくりと、子どもにまかせて、待つことができました。

・子どもたちに、しっかり包丁を使わせてあげれたので良かったです。
 とくに、小4と小2の子が予想以上にしっかりした包丁さばきでびっくり!

・大変楽しく参加させていただきました。普段、家族で料理することがないので、おもしろかったです。
 男親と子どもでの参加でしたので心配でしたが、サポートしていただいたので、なんとか出来ました。
 もっと多くの方が参加してもいいかなと思いました。特に男親に参加してもらうと良いと思います。

■子ども

・今日はすいとんをはじめてつくって、とてもおいしくできたので、よかったとおもいます。
 でっちようかんもすごくおいしくできたので、うれしかったです。

・今日、楽しかったことは、でっちようかんを作ったことと、米粉うどんを作って食べたことです。
 また、こういうイベントがあったらいいです。家でも、でっちようかんを作ってみたいです。

・かんじきをはじめてつけて歩いた時、大きくて少しあるきづらかったです。
 山の中には、たくさんの動物の足あとがありました。
 みじかなところでも、動物の足あとは見つけられるんだと思いました。

・りょうり教室は、野菜をたくさんきって、「じょうずだね」とほめられてうれしかったです。
 みんなで作った昼ごはんは、おいしかったです。


関連ディレクトリ



お問合せ先:教育委員会事務局 教育総務部 社会教育課
TEL :0740-32-4457
FAX番号:0740-32-1135
MAIL :syakyo@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る