市政の情報

みてねっと!ウィークリーニュース No.169【8月31日】

登録日:2012年8月31日
政策部 秘書課

「みてねっと!ウィークリーニュース」では、市政の動きや市民の皆さんの活動を動画でわかりやすく紹介する行政情報番組として、毎週金曜日の夕方から放送しています。


みてねっとウィークリーニュース
WindowsMediaPlayer

一週間のできごと
見たいニュースの写真下の【YouTube】をクリックすると、そのニュースのみの映像が見られます。

・たかしま市民まつりで、屋形船40年ぶりに復活
 【2012年8月25日(土

たかしま市民まつり 屋形船復活
【Youtube】

8月25日(土)、萩の浜を会場に、たかしま市民まつりが行われました。6回目となる今年は、「輝き続ける!未来のために!」をテーマに、高島地域の夏まつりと合同で開催されました。正午、永濱実行委員長の開会宣言で祭りがスタート。市民によるステージ発表や音楽コンサート、ダンスや魚つかみ体験など、様々なイベントが行われました。日が暮れるとペットボトルキャンドルに火がともされ、キャンドルが湖岸を照らすなか、盆踊りやダンス、よさこいの総踊りなどが行われました。また、旧高島町の夏の風物詩であった「たかしま屋形船」を再現。大溝祭の曳山のちょうちんで飾りつけられた5隻の船が、およそ40年ぶりに湖上を彩りました。最後は、色とりどりの花火が夜空を焦がし、大勢の観衆を魅了して、祭りの幕を閉じました。


・実効性ある地域防災計画の策定に向けフォーラム開催
【2012年8月26日(日)


高島市原子力防災フォーラム
【Youtube】

8月26日(日)、高島市原子力防災フォーラムが、高島市民会館で開催されました。原子力に関する知識を深め、災害に備えるきっかけづくりにすることを目的に開催されたもので、約330人が参加しました。フォーラムでは、高島市の原子力災害対策計画検討委員会の高橋委員長が、国の防災指針や地域防災計画の見直し状況について説明を行ったほか、福島県富岡町の遠藤町長などが、福島の現状や復興に向けた取り組みなどについて講演されました。講演の中で遠藤町長は、「事故はどこで起こってもおかしくはない。福島の事故は、決して対岸の火事ではない。」と強く訴えられました。また、滋賀県内避難者の会の遠藤代表も、「福島は大丈夫という心理状態で、災害などに対して、備え、緊張感がなかった。今、滋賀で感じているものと似ている」と指摘されました。第3部では、「住民避難と備えについて」と題して、会場からの発言も交えながら意見交換が行われました。市では、今回のフォーラムで得られた意見などを参考に、実情に応じた実効性のある地域防災計画の策定に取り組みます。


これからの予定

平成24年度滋賀県総合防災訓練】
  日時 9月2日(日) 7時~12時 
  場所 今津町南浜
   滋賀県防災危機管理局 電話077-528-3432
     高島市防災課 電話0740-25-8133
     高島市消防本部 電話07740-22-5402


【高島市議会9月定例会開会】
  日時 9月3日(月) 10時~ 
  場所 高島市役所 3階議場
   議会事務局 電話0740-25-8140


関連ディレクトリ



お問合せ先:政策部 秘書課
TEL :0740-25-8000
FAX番号:0740-25-8101
MAIL :hisho@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る