健康・福祉・教育

~了佐てらこや小学校 論語ゆかりの遺跡訪問~

登録日:2012年8月6日
近江聖人中江藤樹記念館

 藤樹先生の門人である大野了佐の向学心に習い、小学生が『論語』の素読と毛筆習字で読み書きの基本を学習する

「了佐てらこや小学校」が開校されました。

 開校初日、はじめはみんな緊張した面持ちでしたが授業が始まるとすぐに表情は明るくなり、ハキハキと元気よく自己紹介ができました。『論語』の素読も大きな声でスラスラと読み上げ、毛筆習字でもみんな仲良く一生懸命に取り組みました。

 

    

 

 

 そして、7月31日(火)には校外学習を実施し、大阪府枚方市にある王仁博士ゆかりの遺跡(史跡公園)を見学しました。     王仁博士は百済出身の儒学者で、日本に『論語』と『千字文』を伝えたことで有名です。その王仁博士の墓前で子どもたちが全員で『論語』を大きな声を出して拝誦しました。

 ちょうどその時、韓国から旅行で来ていた学校の先生方と遭遇し、日本の小学生が『論語』を読む姿を見て大変驚かれていました。きっと、子どもたちにとってとても良い経験になったことでしょう。公園には、そんな子どもたちをあたたかく見守るように韓国の国花・ムクゲが美しく咲き誇っていました。

 

           

 

▼ 日  時    【7月】 30日(月)、31日(火)

            【8月】 8日(水)、9日(木)、10日(金)、11日(土)

                         午前9時から午前11時まで

 

▼ 場  所         近江聖人中江藤樹記念館

 

▼ 講  師    西川 守彦 さん(日展書家)

 

 

 


関連ディレクトリ



お問合せ先:近江聖人中江藤樹記念館
TEL :0740-32-0330(月曜日および祝日の翌日は休館)
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る