市政の情報

【120229記者提供資料】平成24年経済センサス-活動調査の記入済み調査票の紛失について

登録日:2012年3月1日

 平成24年経済センサス-活動調査において、統計調査員が記入済み調査票を紛失したことが判明しました。その概要は次のとおりです。

▼事案の概要
 ・日 時  平成24年2月24日(金)午前中
 ・場 所  滋賀県高島市
 ・紛失書類 記入済み調査票 1枚(1事業所分)
   ※調査票はA3版1枚で、調査項目には事業所名、電話番号、所在地、従業
    者数、売上金額、費用総額、事業内容などがあります。

▼経 緯
(1)2月1日(水)
 統計調査員が担当調査区内の記入済み調査票を2月1日(水)以降、順次回収した。

(2)2月23日(木)
 統計調査員が回収した調査票の記入内容に漏れがあったことから5事業所に対して再訪問し、不備の項目の記入依頼をおこなった。紛失のあった当該事業所には5番目に訪問(10時頃)しており、事業所にその場で記入していただいた後に再回収をおこない、その後、統計調査員は自宅へ10時30分頃に帰宅した。

(3)2月24日(金)
 改めて回収した調査票が全てそろっているか確認したところ2月23日に再回収した記入済み調査票1枚がないことが判明した。その後、2月27日まで自宅や当日回収に使用した車などをくまなく探したが見つからなかった。

(4)2月27日(月)
 統計調査員は、27日が調査票などの審査日であったことから午後2時40分頃高島市役所に赴き、調査用品一式の提出とともに高島市へ調査票紛失の報告をおこなった。高島市から滋賀県統計課に状況報告の第一報をおこなった。

(5)2月28日(火)
 高島市の職員は、統計調査員の自宅に赴き、調査用品を保管していた状況確認と事情聴取をおこなったが発見出来なかった。また紛失のあった当該事業所に対し訪問し、お詫びをしました。その後、高島市から滋賀県統計課に対して調査票紛失の報告をおこない、統計調査員本人から警察に紛失届を提出した。

▼今後の対応など
 市では、統計調査を実施するにあたり、調査書類などの管理について厳正におこなう
よう注意喚起を図り、また調査期間中においても改めて書面により注意喚起をおこなってまいりましたが、再度調査員一人ひとりに調査書類の管理について厳正を期すよう周知徹底してまいります。


▼経済センサス-活動調査とは
 経済センサスは、平成24年2月1日を調査期日とし、全ての事業所及び企業を対象にその経済活動の実態を明らかにすることを目的とした国の基幹統計調査です。
 高島市では37人の統計調査員(非常勤の特別職の公務員)が滋賀県知事より任命されており、市の指導のもとで調査に従事しています。
 任命期間については、平成24年1月10日~平成24年3月9日。

 

   ○資料提供年月日:平成24年2月29日
   ○所  属:総務部情報統計課
   ○電話番号:0740(25)8527
   ○ファックス:0740(25)8156


関連ディレクトリ



よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る