市政の情報

みてねっと!ウィークリーニュース No.143【2月17日】

登録日:2012年2月17日
政策部 秘書課

「みてねっと!ウィークリーニュース」では、市政の動きや市民の皆さんの活動を動画でわかりやすく紹介する行政情報番組として、毎週金曜日の夕方から放送しています。


【WindowsMediaPlayer】


見たいニュースの写真をクリックすると、その日だけのニュース映像が見られます。【YouTube】

●クラブ活動体験で、うんと身近に 【2月12日(日)】

文化協会クラブ体験
【YouTube】

 

   

 

高島市文化協会に所属しているクラブの活動を、市民の皆さんに見ていただき、体験を通して理解や関心を深めてもらおうと、2月12日(日)、安曇川公民館で、「文化協会のクラブを体験してみよう」と題して、活動体験の催しが行われました。活動体験には31のクラブが参加し、様々なクラブを体験してもらえるよう、体験時間割を作成。当日は子供からお年寄りまで、幅広い年齢層の方々が訪れ、楽器演奏や踊り、作品制作など、各クラブの趣向を凝らしたメニューを堪能していました。この催しは、施設の改修工事で、例年実施している文化祭が今年度開催できないため、これに代わる事業として初めて開催。予想をはるかに上回る400人以上の方々が集まる大盛況の1日となりました。


●郷土料理のい・ろ・はを伝授 【2
月14日(火)】


郷土料理教室
【YouTube】

   2月14日(火)、湖西中学校で、郷土料理講習会が行われました。この日は、2年3組の生徒41人が、高島市食育推進ネットワークに登録されている「新旭エルダー女性の会」のメンバー12人の指導のもと、しょい飯、えび大根、大根のきんぴらの3品を作りました。さすがに中学生ともなると料理も慣れたもので、講師の指示を受けながら、てきぱきと調理をしていました。各班で協力し合って作った料理を食べた生徒たちは、口々に「おいしい」と、その出来栄えに満足そうでした。高島市では、「地元で取れる食材」で、「地元の昔ながらの方法」に学びながら、「地元の料理を味わう」体験として、中学2年生を対象とした郷土料理講習会を、市内の全中学校で実施しています。


●原子力防災、県が市民に説明 【2月15日(水)】


原子力防災フォーラム
【YouTube】

   国の原子力防災指針や滋賀県の地域防災計画の見直しに関して、市民に広く情報を提供し意見を伺う場として、2月15日(水)、高島市民会館で、滋賀県と(財)消防科学総合センターの主催による「原子力防災フォーラム」が開催され、およそ300人の市民が訪れました。フォーラムでは、京都大学原子炉実験所の高橋知之准教授が「原子力安全委員会における原子力防災指針の検討状況について」と題して基調講演し、県の担当者が、現在見直しを進めている滋賀県地域防災計画の概要を説明しました。その後行われた意見交換会では、地域防災計画等に対する指摘や厳しい意見が相次ぐなど、原子力災害に対する市民の不安感が表れていました。




 高島市農業振興大会
  日 時  2月19日(日) 午後1時30分~午後3時30分
  場 所 新旭公民館
  内 容
   ・アグリ図画コンクール表彰式
   ・講演「農産物直売所を生かしたまちづくり」
   ・シンポジウム
   高島地域農業センター 電話0740-22-3178

 高島市議会第1回臨時会
  日 時 2月24日(金) 午前10時~
  場 所 市役所 3階議場
   議会事務局 電話0740-25-8140


関連ディレクトリ



お問合せ先:政策部 秘書課
TEL :0740-25-8000
FAX番号:0740-25-8101
MAIL :hisho@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る