健康・福祉・教育

【予防接種】日本脳炎予防接種の特例措置について

登録日:2017年10月23日
健康福祉部 健康推進課

 平成17年度から平成21年度までの日本脳炎予防接種差し控えにより予防接種の機会を逸した特例対象者については、接種対象年齢が緩和されています。特例対象者については、公費負担で日本脳炎予防接種を受けることができます。

 接種を希望される場合は、母子健康手帳をご持参のうえ、高島市役所健康推進課までご相談ください。過去の接種状況を確認のうえ必要な予防接種予診票をお渡しします。
 
 特例対象者
 (1)「平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれで20歳未満の方」
 (2)「平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれで9歳から13歳未満の方」

 特例対象者の生年月日や過去の接種時期より、接種可能な年齢や接種間隔が異なりますので、接種に際しては、注意が必要です。

 ★平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれで20歳未満の方

★平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれの方 

※通常、第1期接種終了後、おおむね5年の間隔をおいて第2期を接種することが望ましいとされています。

 

関連情報

厚生労働省:日本脳炎の予防接種についてのご案内

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



お問合せ先:健康福祉部 健康推進課
TEL :0740-25-8078
FAX番号:0740-25-5678
MAIL :kenko@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る