市政の情報

【110128記者提供資料】一人暮らし高齢者等雪下ろし支援金給付要綱の運用変更について

登録日:2011年2月1日

▼趣 旨
 高島市では、年末より降り続く今回の寒波に伴い、マキノ町・今津町・朽木地域を対象に平成23年1月21日(金)13時に大雪警戒本部を設置したところであります。
 28日午前9時現在、マキノ町在原で217?、今津町杉山で216?、朽木中牧で202cmの積雪が確認されています。今後も降り続く予報が発表されており、現在の高島市一人暮らし高齢者等雪下ろし支援金給付要綱の運用を一部変更し、雪害を予防し総合的な対策(補助要綱の運用)を拡大することとします。


▼対 象
   高島市マキノ・今津・朽木地域で概ね積雪が1.50m以上の集落


▼内 容
 《雪下ろし助成の回数制限の撤廃》
  ・要綱中「支援金の給付は、2回までとする。」を取除き、
   必要に応じて実施された回数を対象とする。
  ・市内に親族がおられる場合でも、雪下ろし等ができない事情があれば
   給付対象としています。
  ・周知方法は、区長、地区担当民生委員児童委員のほか、社会福祉協議会
   の生活支援員が訪問してチラシ(別添付)を配布します。
  

▼その他
   2月の第1週を目途に、健康福祉部の保健師と職員が75歳以上の
   高齢者のみの世帯を訪問し、健康状態等を確認することとしています。
   この訪問は、1月13日~16日に行ったものに続き2回目となります。

 

   ○資料提供年月日:平成23年1月28日
   ○所  属:健康福祉部 社会福祉課・長寿介護課 
   ○電話番号:0740(25)8120・8029
   ○ファックス:0740(25)5490

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る