市政の情報

みてねっと!ウィークリーニュース No.82【11月5日】

登録日:2010年11月8日
政策部 秘書課




 ■今週の写真
山々の点描紅葉と雲海が織りなす、朽木小入谷で見れる息を呑む絶景です。

「みてねっと!ウィークリーニュース」では、市政の動きや市民のみなさんの活動を動画でわかりやすく紹介する行政情報番組として、毎週金曜日の夕方から放送しています。
 <11月5日全体の映像はこちらから>

一週間のできごと  

11月2日(火
 ゴール目指し、各校の思いこもったたすきつなぐ

 市内の各中学校の駅伝チームが競いあう、第43回第1ブロック駅伝大会が今津総合運動公園であり、男子が6区間18キロに15チーム、女子が5区間12キロに12チ-ムが参加しました。当日は、心配していた雨も降らず、曇りで気温が低い絶好の駅伝日和となり、選手らは、生徒や保護者の声援を受けながら懸命にゴールを目指してタスキをつないでいました。この大会で上位に入賞した男女各3チームは、11月12日、希望が丘文化公園で行われる県大会へ出場します。



11月3
日(水
 屋台づくりブースで、かつての宿場町再現

 道の駅「朽木新本陣」で、朽木鯖街道「鯖・美・庵!」まつり2010が行われました。今年は、屋台風のブースでかつての宿場町を再現したほか、鯖街道沿線地域の特産品も軒を並べました。盛りだくさんのアトラクションと秋の味覚満彩で、市内はもとより遠くは京阪神から観客が訪れ、今年も大いに盛り上がりました。

 




トピックス   

これからの時期、感染性胃腸炎にご注意ください

 近年、ノロウイルスによる感染性胃腸炎が年間を通じて発生しています。寒い冬場には、食中毒の心配はないと思われがちですが、ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、毎年冬を中心に流行する感染症です。特に11月から発生数が増加しはじめ、12月から翌年1月が発生のピークになる傾向があります。ノロウイルスの特徴を知り、次の点に注意して、感染予防に努めましょう。

【感染源】
 ・感染者のおう吐物や便
 ・ノロウイルスに汚染された食品や飲料水など
 ・二枚貝の生食

【特徴】
 ・少量で感染し、感染力が強い
 ・乾燥に強く、加熱に弱い

【感染防止対策】
 ・石けんと流水で、洗い残しのないように手を洗いましょう。共用タオルの使用はやめましょう。
 ・消毒は、逆性石けんや消毒用エタノールでは効果が不十分です。
     塩素系消毒剤を使用してください。
 ・ノロウイルスはおう吐物や便の中に存在します。二次感染防止のため適切に取り扱いましょう 
 ・ノロウイルスを不活化するために、食材は中心部までしっかり加熱しましょう。
  (中心温度が85℃・1分間以上)

感染予防の基本となるのは手洗いです。
手洗いは誰にでも簡単にでき、最も効果的です。ますは、手洗いを徹底して、感染症予防に努めましょう。



これからの予定  

11月6日(土) 午前9時30分~午後3時
           新旭北小学校
新旭北小学校創立100周年記念事業
11月7日(日) 午前9時~午後1時
           安曇川河川敷新旭グラウンドほか
高島市総合防災訓練


関連ディレクトリ



お問合せ先:政策部 秘書課
TEL :0740-25-8000
FAX番号:0740-25-8101
MAIL :hisho@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る