市政の情報

みてねっと!ウィークリーニュース No.82【10月29日】

登録日:2010年11月19日
政策部 秘書課




 ■今週の写真
田んぼに置かれた不思議な円柱の物体。
その正体は、刈り取られた稲わらのロール。
これらは、市内で飼養されている牛の餌になります。安心安全へのこだわりです。


 

 

「みてねっと!ウィークリーニュース」では、市政の動きや市民のみなさんの活動を動画でわかりやすく紹介する行政情報番組として、毎週金曜日の夕方から放送しています。
 <10月29日全体の映像はこちらから>

一週間のできごと  

10月23日(土
 農政問題について意見交換

 高島市農業委員会による農政懇談会が行われました。懇談会では「新たな農地制度と農業委員会の役割」と題して、全国農業会議所の柚木さんの公演が行われたほか、3つの部会から、深刻化する有害鳥獣被害や下落する米の価格、担い手確保対策など、農業を取り巻く現状報告と、それらに対する要望が述べられ、市長をはじめ、県議会議員との意見交換を行いました。



10月24
日(日
 治水の先駆者生誕の地歩き学ぶ

 新旭町深溝で市民劇2010実行委員会主催による「たろべえさんウォーキングツアー」が行われました。このツアーは、11月に行われる市民劇2010「琵琶湖治水の物語」の事前学習会として企画されたもので、参加された皆さんは、藤本太郎兵衛さんの旧家や関連施設を巡りながら、太郎兵衛さんの功績や当時の水害の状況を、熱心に学習されました。

 

10月26日(火
 地元就職目指し就職フェア

 市内企業への就職を希望される方を対象に、就職相談と企業説明会を行う「就職フェア」が、新旭町の高島地域地場産業振興センターで行われました。会場には、各企業の紹介およびPRブースが設けられたほか、キャリアコンサルタントによる就職活動セミナーが行われました。また、午後からは、事業所ごとに設けられたブースで面談が行われ、来場者らは採用担当者の説明を熱心に聞いていました。





トピックス   

11月は「児童虐待防止推進月間」です

 11月は「児童虐待防止推進月間」です。この月間は、子ども虐待についての理解をより一層深め、自主的な関わりをもっていただくための意識啓発を図ることを目的に、5年前に定められたものです。
 毎日のように報道される児童虐待の事件。子どもを健やかに育むべき親からの虐待により、子どもが亡くなるという、とても痛ましい事件が後を絶えません。
 地域での子どもに対する見守りや声かけ、そして、「もしかして?」と思ったときは関係機関に通報することによって子どもの命が救われます。
 ひとりで、また一つの機関では、子どもを虐待から守ることはできません。この機会に、それぞれができることを一緒に考えてください。
 子どもを虐待から守るために、皆さんのご協力をお願いします。



これからの予定  

10月31日(日) 午前10時~午後5時
           藤樹の里文化芸術会館
高島古代史フォーラム
11月3日(水) 午前9時~午後3時30分
           道の駅「朽木新本陣」
鯖街道「鯖・美・庵」まつり2010
11月3日(水)
 ・マキノ地域:マキノ土に学ぶ里研修センター
 ・今津地域 :高島市民会館
 ・朽木地域 :やまびこ館ホール
 ・安曇川地域:安曇川公民館
 ・高島地域 :アイリッシュパーク
 ・新旭地域 :新旭公民館

市内各地域文化祭
【発表の部】


関連ディレクトリ



お問合せ先:政策部 秘書課
TEL :0740-25-8000
FAX番号:0740-25-8101
MAIL :hisho@city.takashima.lg.jp
よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る