市政の情報

【101020記者提供資料】地域の元気づくり「炭焼き窯の復活火入れ」が開催されます。

登録日:2010年10月22日

  ~地域の伝統と地域の未来を結う舞台づくりが始まっています。~


▼概 要
 人口の減少により少子高齢化の進む高島市内の「水源の里(いわゆる「限界集落」)」のマキノ町野口区(39世帯98人、古本勇義区長)において、半世紀ぶりに「炭焼き」が復活します。
 この取り組みは、野口区ならではの生活の知恵を子や孫に伝え、そこから始まる地域内の世代交流を核として地域の活性化に向けて取り組まれるものです。
 これは、炭焼き経験のない区民の方が、かって区内で炭焼きをしていた経験者から、昔、生活の中に炭焼きがあったという話を聞き、地域の生活文化の象徴でもある炭焼きを復活・伝承できないかということで始まったもので、高島市水源の里活性化事業補助金を受けて実施されます。
 10月6日から昔の窯跡を活用した区民参加による炭焼き窯づくりが始まり、このたび窯打ち(火入れ)を行うこととなりました。


▼日 時
  平成22年10月24日(日) 9時00分~13時00分


▼場 所
  マキノ町野口(国境) 湖国バス「国境」停留所 東側国境集落駐車場隣接


▼内 容
   9:00~ 窯打ち
     10:30~ 清め式
     11:30~ 牡丹餅(ぼたもち)の振る舞い
     12:30~ 火入れ
          
※上記スケジュールはあくまでも予定であり、当日の天候・その他の状況によって、多少時間がずれる可能性があります。
      ※当日は、来場者に牡丹餅(ぼたもち)の振る舞いがあります。
      ※見どころは、窯打ちで10時頃からが見ごろです。


▼対 象
  野口区民、高島市民、水源の里振興に関心のある方


▼費 用
  無 料


▼その他
 現地駐車場が限られておりますので、公共交通機関をご利用いただくか、北約300m先の国境高原スノーパーク駐車場等をご利用ください。

 

   ○資料提供年月日:平成22年10月20日
   ○所  属:市民環境部 市民活動支援課
   ○電話番号:0740(25)8526
   ○ファックス:0740(25)8156


関連ディレクトリ



よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る