市政の情報

【091215記者提供資料】地元織物業者が開発!災害時の搬送用担架マットの配布について

登録日:2009年12月15日

▼目的・効果
 市内で大災害が発生した場合には、多くの市民が安全な場所を求めてさまよい 、地域の避難所や市の広域避難所に避難されてきます。避難の際に自動車が使えれば幸いですが、国道・県道・市道の主要道は大渋滞となり、道路の陥没や土砂崩れで通行不能になることも十分予想されます。
 非難の際は、まず自分の身の安全を確保し、家族や隣近所の住民の安否を確認したうえで(自宅の火の始末も可能な限り行う)、居住地域内の安全な場所(地域の避難所)または広域避難所へ移動するか、あるいは、そのままとどまり外部からの支援を待つことになります。しかしながら、市の高齢化率が25%を超え、災害時要援護者といわれる方々も3千名ほどおられる中で、いかに安全に非難していただくかが大きな課題となっています。
 そこで、市では、要援護者や負傷者の搬送に活用していただくため、地元織物業者が開発した担架マットを購入し、各区・自治会へ配布することにしました。
 この担架マットは、ポリエステル系紡績糸で5重に編まれ強度が高められており、400kgの荷重にも耐えることができます。また、避難所に到着した後には、担架をそのまま寝具や毛布代わりに使用していただくことも可能となっています。


▼配布予定先
  第1便:今津、新旭、安曇川地域の区・自治会 約1,200枚
  第2便:マキノ、朽木、高島地域の区・自治会 約600枚
   ※購入数は1,900枚で残数は市の防災倉庫に保管します。


▼配布予定時期
  第1便:年内12月中 
  第2便:来年2月~3月頃


▼添付資料
  担架マット仕様

 

   ○提供年月日:平成21年12月15日
   ○所属名:総務部総合防災課
   ○TEL:0740(25)8133
   ○FAX:0740(25)8102
   ○E-Mail:bousai@city.takashima.shiga.jp

ダウンロード

添付資料を見るためにはビューワソフトが必要な場合があります。詳しくはビューワ一覧をご覧ください。(別ウィンドウで開きます。)

関連ディレクトリ



よりよいウェブサイト運営のために、このページに対するご意見をお寄せください。
このページは見つけやすかったですか?

このページの内容はわかりやすかったですか?

このページの内容は参考になりましたか?


前のページへ戻る ページの先頭へ戻る